元ニルヴァーナのクリス、米メディアにおける偏ったニッケルバックの印象に激怒。「俺は彼らが大好きだ!!!!」

元ニルヴァーナのクリス、米メディアにおける偏ったニッケルバックの印象に激怒。「俺は彼らが大好きだ!!!!」

ニルヴァーナクリス・ノヴォゼリックが、ドナルド・トランプ米大統領にSNSで勝手に曲を使用されたニッケルバックを擁護しているようだ。

Consequence of Sound」によると、事の成り行きは次のようになっている。

現在トランプ大統領は、米国の軍事援助を条件にウクライナのゼレンスキー大統領に、来年の大統領選挙で民主党から立候補しているジョー・バイデン元米副大統領について調査するよう依頼したとの疑惑で、弾劾の危機に面しているという。

そんななか、現地時間10月3日にトランプ大統領が自身を弁護する内容の動画をTwitterに投稿した際、ニッケルバックの“Photograph”のミュージック・ビデオが使用されていたそうだ。バンドは承諾なしに無断で曲を使用されたため著作権侵害を申し立て、その後大統領は問題の動画を削除している。


保守派側のメディアとして知られる、米放送局FOXのニュース番組はニッケルバックについて、「ニッケルバックは社会主義者みたいなものだ」とコメントしたり、バンドを「90年代のエモ・ポップ・バラード・ロック」だと称しており、これを受けてクリスは次のような怒りのツイートを投稿したそうだ。


間抜けなのは誰だよ? ニッケルバックはパワー・ポップのロック・バンドだし、俺は大好きだ!!!! それに彼らはカナダ人だしな。アメリカは、社会主義と資本主義という困難な結婚のおかげで上手く機能できるんだ。押したり引いたりしてるから、周りの人はあれこれと主張して疲れ切っちまうんだよ。

公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする