欅坂46、初のドキュメンタリー映画『僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46』4/3公開

欅坂46、初のドキュメンタリー映画『僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46』4/3公開 - ©2020「DOCUMENTARY of 欅坂46」製作委員会
©2020「DOCUMENTARY of 欅坂46」製作委員会
欅坂46のドキュメンタリー映画『僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46』が4月3日(金)に公開される。また、公開に先駆けて最新予告編が解禁となった。


欅坂46は、2015年8月結成に結成され、翌年4月に『サイレントマジョリティー』でデビュー。昨年2019年9月には初の東京ドーム公演2Daysを開催し、迎えた今年2020年に絶対的センターだった平手友梨奈が突然脱退を発表した。本作は、グループとして初めてのドキュメンタリーとなり、メンバーたちの想いを収めた最新の独占インタビューやこれまで公の場には一切出ることのなかった貴重な記録映像の数々などを通して、欅坂46の「いま」、そして活動の裏で何が起こったのかを知ることができる作品に仕上がっているという。

監督を務めるのは、これまでに映画『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』、『パンドラ ザ・イエロー・モンキー PUNCH DRUNKARD TOUR THE MOVIE』や乃木坂46“おいでシャンプー”、“いつかできるから今日できる”のMVなどの映像作品を手掛けてきた高橋栄樹。本作では、欅坂46と真正面から向き合い、今まで映像化されてこなかった数々のライブパフォーマンスを再編集し、メンバーやスタッフの証言を積み重ね、デビュー直後から現在に至るグループの姿を真摯に映し取ったとのこと。

今回公開された最新予告編は、東京ドーム公演の映像やメンバーのインタビュー、デビュー当時の貴重映像など、本作の見どころを凝縮したものとなっている。

公式SNSアカウントをフォローする

邦楽 人気記事

最新ブログ

フォローする