レディオヘッドのトム・ヨーク、1997年のグラストンベリー・フェスティバルでステージを投げ出そうとした過去を明かす

レディオヘッドのトム・ヨーク、1997年のグラストンベリー・フェスティバルでステージを投げ出そうとした過去を明かす

レディオヘッドでフロントマンを務めるトム・ヨークが、1997年にグラストンベリー・フェスティバルに出演した際、ステージを投げ出すところだったと語っている。

RadioX」によると、トムがステージを降りようと思ったのは、バンドがヘッドライナーを務めたときのこと。

パフォーマンスのある時点で、トムはギタリストのエド・オブライエンの所へ行き、「俺は降りるよ。また後でな」と伝えたのだという。

するとエドに、「そんなことをしたら、きっと、後悔しながら残りの人生を送ることになるぞ」と言われ、その言葉が当を得ていると感じたトムはステージを続け、20曲を演奏し切ったと明かしている。

なぜ、トムがステージを降りようと思ったかについては、次のように理由を述べていたそうだ。

俺は燃え尽きてしまったのさ。ライブで何をするかバンドでミーティングをして、俺は『グラストンベリーはやれない』って言ったんだ。俺には休養が必要だった。実際に俺は1年とちょっと休息を取れなくって、かなりピリピリしてたよ


現在はソロとしての活動が目立っているレディオヘッドだが、先日はバンドの今後の活動について、「Guitar World」の最新インタビューでエドがバンドとしての新作をリリースすると約束していた
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする