11月に延期されていた「ロックの殿堂」授賞式が開催中止を発表。代わりにバーチャル特別番組が放送予定

11月に延期されていた「ロックの殿堂」授賞式が開催中止を発表。代わりにバーチャル特別番組が放送予定

現地時間5月2日に当初を開催を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で11月に開催を延期していた「ロックの殿堂」の授賞式。

今回、同イベントの開催中止が発表された。代わりに11月7日に米テレビ局HBOと配信サービスHBO Maxにて、バーチャル特別番組としてリリースされることが明らかとなった。

Pitchfork」によると、新型コロナウイルスの感染拡大を懸念し、「ロックの殿堂」で委員長を務めるJohn Sykesが「授賞式の開催は不可能だ」とし、次のように声明を発表している。

HBOと製作総指揮者のJoel Gallenと共に、2020年の受賞者の音楽に対する偉大なる貢献と彼らに続く次世代アーティストへの影響についてストーリーを伝えることで、彼らを称えるエキサイティングなプログラムを製作します


2020年に「ロックの殿堂」入りするアーティストは、ナイン・インチ・ネイルズデペッシュ・モードホイットニー・ヒューストンドゥービー・ブラザーズ、ザ・ノトーリアス・B.I.G.、T・レックス

現時点ではバーチャル特別番組が、どのような内容になるかは明かされていない。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする