エルヴィス・コステロ、10月リリースの新作『ヘイ・クロックフェイス』から、表題曲をリリース!

  • エルヴィス・コステロ、10月リリースの新作『ヘイ・クロックフェイス』から、表題曲をリリース!
  • エルヴィス・コステロ、10月リリースの新作『ヘイ・クロックフェイス』から、表題曲をリリース! - pic by ray di pietro

    pic by ray di pietro

  • エルヴィス・コステロ、10月リリースの新作『ヘイ・クロックフェイス』から、表題曲をリリース!
  • エルヴィス・コステロ、10月リリースの新作『ヘイ・クロックフェイス』から、表題曲をリリース! - pic by ray di pietro

エルヴィス・コステロが10月30日(金)にリリースされるニュー・アルバム『ヘイ・クロックフェイス』から、“Hey Clockface/How Can You Face Me?”を先行リリース。ミュージック・ビデオも公開した。


これまでに同アルバムから先行リリースされている3トラックは、2020年2月に3日間にわたってフィンランドの首都ヘルシンキで行われたソロ・レコーディングで録音されたものだったが、本トラックは、その翌週末にパリで行われたセッションからの初の楽曲となる。
なお、パリでの2日間のセッションからは、最終的に9曲がアルバムに収録されるそうだ。

“Le Quintette Saint Germain(ル・クインテット・サンジェルマン)”と名付けられたアンサンブルは、ピアノのスティーヴ・ニーヴがリードし、トランペットのミカエル・ガッシュ、クラリネットとコントラバスのルノー=ガブリエル・ピオン、チェロのピエール=フランソワ "ティティ"・デュフール、ドラムのAJUQが参加している。

コステロは、同曲の制作について以下のように語っている。

「このセッションのためのアレンジは、事前に書き下ろしたものはなかった。私がミカエルに 〈ハウ・キャン・ユー・フェイス・ミー?〉のテーマを歌い、数行を引用して口ずさむとすぐにこのテイクをスタートさせたんだ」

「私はスタジオのフロアでアンサンブルと一緒にライブで歌った。彼らの演奏には、私が聴きたいと思った音がすべてあり、聴きたくないと思う音は一切なかった」


なお、コステロはこの先にも多くのサプライズを期待するべきだと注意を促し、「続報を待て!」と付け加えている。

作品の詳細は下記の通り。

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする