ボン・ジョヴィ、世界が直面する困難に深く向き合った新作『2020』、いよいよ本日10/2リリース!

  • ボン・ジョヴィ、世界が直面する困難に深く向き合った新作『2020』、いよいよ本日10/2リリース!
  • ボン・ジョヴィ、世界が直面する困難に深く向き合った新作『2020』、いよいよ本日10/2リリース!
  • ボン・ジョヴィ、世界が直面する困難に深く向き合った新作『2020』、いよいよ本日10/2リリース!
  • ボン・ジョヴィ、世界が直面する困難に深く向き合った新作『2020』、いよいよ本日10/2リリース!

ボン・ジョヴィが、15作目となるスタジオ・アルバム『2020』を本日10月2日にリリースした。

新型コロナウイルス感染拡大の影響から現在ツアーを休止しているボン・ジョヴィだが、同アルバムの発売に合わせ、日本時間10月3日午前9時より<iHeartラジオ>にてライブ・パフォーマンスを披露する予定だ。同アルバム収録の新曲に加え、過去のリリース作品からも何曲かが演奏される予定となっている。

当初は5月15日にリリースされる予定だった同アルバムのタイトルは、困難な挑戦が続き、また極めて重要なアメリカ大統領選が行われる今年の西暦が由来となっている。

新型コロナウイルスの感染拡大、また、その直後に生じたジョージ・フロイド氏の死と、続いて巻き起こった人種差別撤廃を求める国民的ムーブメントなど、衝撃的な出来事の数々を経験し、2020年という年については語るべきことがもっとあると考えたジョン・ボン・ジョヴィは、自宅スタジオで曲作りに取り組み、2つの新曲“アメリカン・レコニング”と“ドゥ・ホワット・ユー・キャン”を誕生させた。これらの曲を収録し、改めて同作品を完成させるに至ったという。

なお、多方面にわたる慈善活動で知られるジョンは、外出規制が始まってから最初の数週間、妻ドロシアと共に、自身の財団が運営する米ニュージャージー州レッドバンクの<JBJソウル・キッチン・コミュニティ・レストラン>で、困窮している人々に食事を提供。夫妻はその後、食料を必要とする地元の人々の需要に応えるべく、ロングアイランドのイーストエンド地区にフード・バンクも開設している。

リリースの詳細は以下の通り。

公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする