ノエル・ギャラガー、弟リアムが書いたある曲を「完璧だ」と絶賛

ノエル・ギャラガー、弟リアムが書いたある曲を「完璧だ」と絶賛

最新インタビューでノエル・ギャラガーが、弟リアム・ギャラガーが書いた曲を「完璧だ」と褒めちぎっていることがわかった。

Spin」によると、Appleのポッドキャスト番組『‎Matt Morgan's Funny How?』に出演したノエルが、2002年にリリースされたオアシスのアルバム『Heathen Chemistry』に収録され、リアムが書いた“Songbird”を次のように褒めていたという。

「リアムが書いた“Songbird”は素晴らしいと思った。俺たちがデモをやったときは、もっとザ・ビートルズの“Love Me Do”みたいな感じだったんだ。ハーモニカも使って、本当にザ・ビートルズみたいなサウンドに感じられた。その後に全部の楽器を外したらアコースティックな感じになったんだけど、完璧だと思う」


リアムの楽曲を褒めたノエルは、現在リアムが“Songbird”をパフォーマンスしないことにも言及。

「あの曲に関して皮肉なのは、今じゃ弟は演奏すらしないってことだ。あの曲を外しちまったのさ。奴にはあの一曲しかないのに、演奏しねえんだ」


なお、先月末にノエルは、オアシスのアルバムに収録されなかった未発表曲のレコーディングに取り組むつもりだと語っていた



『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


ノエル・ギャラガー、弟リアムが書いたある曲を「完璧だ」と絶賛 - 『rockin'on』2021年2月号『rockin'on』2021年2月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする