フュージョン/クロスオーバー・ジャズのパイオニアとして知られるチック・コリア、79歳で逝去

フュージョン/クロスオーバー・ジャズのパイオニアとして知られるチック・コリア、79歳で逝去 - © Jordin Pinkus / Chick Corea Production© Jordin Pinkus / Chick Corea Production

フュージョン/クロスオーバー・ジャズのパイオニアとして知られ、ロック的なアプローチにも定評があったチック・コリアが、現地時間2月9日に逝去。79歳だった。

チック・コリアは、グラミー賞史上最もノミネートされたアーティストのひとりで、67回のノミネートと23回の受賞を果たしている。多才なアーティストとして作曲家、キーボード奏者、バンドリーダー、そしてパーカッショニストとしても活躍したチックは、60年代後半にマイルス・デイビスのバンドのメンバーとなり、アルバム『In a Silent Way』や『Bitches Brew』、『A Tribute to Jack Johnson and On the Corner』などに参加。シーンに多大な影響を残したことで知られている。

公式Facebookページによると、死因はがんだという。

同ページには、下記のメッセージが公開されている。


「私の旅路において、音楽の火を明るく燃やし続けてくれた全ての人に感謝します。演奏したい、作曲したい、パフォーマンスしたいと思っている人は、そうしてほしいと願っています。自分のためではなくとも、他の人々のために。世界はより多くのアーティストを必要としているだけではなく、それは単にとても楽しいことなのだから。

そして、知っている限りの、私にとって家族のような存在だった素晴らしいミュージシャンの友人たちへ。皆さんから学び、皆さんと一緒に演奏できたことは幸せであり、名誉なことでした。私の使命は、どこにでも創作の喜びをもたらすこと、そして私が心から尊敬するアーティストたちと一緒にそれを実現すること、これが私の人生の豊かさでした」




『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


フュージョン/クロスオーバー・ジャズのパイオニアとして知られるチック・コリア、79歳で逝去 - 『rockin'on』2021年3月号『rockin'on』2021年3月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする