デイヴィッド・バーン、ソーシャル・ディスタンスに配慮したNYのクラブを監修

デイヴィッド・バーン、ソーシャル・ディスタンスに配慮したNYのクラブを監修

トーキング・ヘッズデイヴィッド・バーンが、ソーシャル・ディスタンスに配慮したニューヨークのクラブを監修することがわかった。

FAR OUT」によると、「Social!」と題されたプロジェクトは、マンハッタンのアッパー・イースト・サイド地区にある歴史的な武器庫「パーク・アベニュー・アルモニー」にオープンするという。

1回のイベントにつき100人を収容できるクラブでデイヴィッドとコラボするのは、ブロードウェイの舞台デザイナーであるChristine Jonesと振付師のSteven Hoggett。クラブではデイヴィッドが監修したプレイリストと、JonesとHoggettが選出したトラックを中心に、DJのNatasha Diggsがミックスを手掛ける予定だ。

今回のプロジェクトについて、パーク・アベニュー・アルモニーの共同創設者&エグゼクティブ・プロデューサーのRebecca Robertsonは、「『Social!』では建物の音響と壮大な建築、そして、武器庫の学際的なプログラミング・ミッションを活用した、ローカルで安全で多感覚体験を通して集まるために、ニューヨーカーを招待できることを嬉しく思っています」と述べている。



『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


デイヴィッド・バーン、ソーシャル・ディスタンスに配慮したNYのクラブを監修 - 『rockin'on』2021年4月号『rockin'on』2021年4月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする