サーキットフェス「TOKYO CALLING 2021」開催決定。今年は3エリアで3日間にわたって開催

サーキットフェス「TOKYO CALLING 2021」開催決定。今年は3エリアで3日間にわたって開催
サーキットフェス「TOKYO CALLING 2021」が、9月18日(土)新宿、9月19日(日)下北沢、9月20日(月・祝)渋谷で3日間にわたって開催される。

同イベントは、2016年に第1回が行われ、今回で5回目の開催となり、昨年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で通常開催ができなくなりオンラインサーキットフェス「NIPPON CALLING 2020」として行われたが、今年は「TOKYO CALLING」として有観客で新宿、下北沢、渋谷の3エリアにて開催される。出演アーティストなどの詳細は追って発表されるとのこと。

先行チケットは6月10日(木)23時59分まで受け付けられており、出演者のエントリーも「TOKYO CALLING」のオフィシャルサイトにて8月11日(水)23時59分まで行われている。


【TOKYO CALLING 制作委員会コメント】
無観客で実施したNIPPON CALLING 2020から1年、今年はTOKYO CALLING 2021としての有観客での開催をいたします。
コロナの状況がまだはっきりしない中ではありますが、最大限の感染症対策を行なった上での開催いたします。
まだまだコロナの状況は予断を許さない中ではありますが、ライブハウスバンドの年に1度の祭典を東京に復活させます。
思いは多種多様だとは思いますが、ライブハウスのあり方、ライブバンドのあり方、サーキットフェスのあり方、様々なことを考えて前に進もうと思っています。
新宿、下北沢、渋谷でみなさんのお越しを心よりお待ち申し上げます。

TOKYO CALLING 制作委員会




サーキットフェス「TOKYO CALLING 2021」開催決定。今年は3エリアで3日間にわたって開催

公式SNSアカウントをフォローする

邦楽 人気記事

最新ブログ

フォローする