モリッシー、レディー・ガガを語る。「彼女はとてもいい人です」

  • モリッシー、レディー・ガガを語る。「彼女はとてもいい人です」 - モリッシー 2009年作 『イヤーズ・オブ・リフューザル』

    モリッシー 2009年作 『イヤーズ・オブ・リフューザル』

  • モリッシー、レディー・ガガを語る。「彼女はとてもいい人です」 - レディー・ガガ 2011年作『ボーン・ディス・ウェイ』

    レディー・ガガ 2011年作『ボーン・ディス・ウェイ』

  • モリッシー、レディー・ガガを語る。「彼女はとてもいい人です」 - モリッシー 2009年作 『イヤーズ・オブ・リフューザル』
  • モリッシー、レディー・ガガを語る。「彼女はとてもいい人です」 - レディー・ガガ 2011年作『ボーン・ディス・ウェイ』

モリッシーはレディー・ガガを「とてもいい人」だと説明しているが、音楽についてはあまりタイプではないと認めていて、また、昨年のMTVビデオ大賞でのパフォーマンスで肉片ドレスを着用したことについてもデイリー・テレグラフ紙にコメントしている。

まず、レディー・ガガについてどう思うのかと訊かれてモリッシーはこう答えている。「レディー・ガガには会ったことがあって、とってもいい人だよ。ぼくはある人の公でのパーソナリティやその人が作る音楽でもってその人自身のことを判断するのはあまり賢いことではないと思っているんだ。なぜかというと、その人の音楽がたまらないほど嫌いなのに、実際に会ってみるととてもいい人だったということをこれまで数知れないほど経験してきているからなんだよ」。

さらにモリッシーはこう続ける。「その一方で、その人の音楽が大好きだという人に会ってみたら、その人となりは自分がつぎ込んできた感情とはまるで見合わないものだったということもあったからね。それはね、その人のせいなんだよ。つまり、ぼくが悪いんだということだね。とにかく、レディー・ガガはとてもいい人なんだよ。それに名前だってすごくおもしろいとぼくは思うんだけど。けれども、彼女のやっている音楽というのは、ぼくのような人間を満足させるようにはまったくできていないんだね。ぼく向きのタイプではないんだよ」。

また、厳格な菜食主義者でもあるモリッシーは2010年MTVビデオ大賞授賞式でのパフォーマンスでレディー・ガガが肉片をドレスやブーツに見立てて身体に張り付けて登場したことについてこう語っている。

「みんなあれを深く掘り下げてみようとはしなかったよね。単純に『今日のイカレタ思いつき』ということで済ませてしまったようで。でも、ぼくとしてはレディー・ガガはぼくと同じような考え方(動物愛護)からあれをやったのだと思いたいな。もしあれが社会的で政治的な意見だったとするなら、ぼくはあれに同意するよ。でも、あれを社会的や政治的な意見としてやっていなかったとしたら、ちょっとその意図はぼくにはわからないね」

ちなみに、レディー・ガガは2009年、その年の年間ベスト・アルバムは何かと訊かれて、モリッシーの『Years Of Refusal』と答えていた。

(c) NME.COM / IPC Media 2011

最新ブログ

フォローする