パティ・スミス、8年ぶりのオリジナル・アルバム『Banga』を6月にリリース

パティ・スミス、8年ぶりのオリジナル・アルバム『Banga』を6月にリリース - パティ・スミス、New Sg“April Fool”パティ・スミス、New Sg“April Fool”

ここ数年自伝『Just Kids』を中心とした作家活動が目立ったパティ・スミスだが、2004年の『トランピン』以来となるオリジナル新作『Banga』を6月5日にソニーからリリースする。

レコーディングはニューヨークのエレクトリック・レディランド・スタジオで行われ、ギターのレニー・ケイ、ドラムのジェイ・ディー・ドカティ、ベースのトニー・シャナハンなどの馴染みのラインナップを軸にして作業を行った模様。

ラジオ番組の『CBSサンデイ・モーニング』の出演したパティはタイトルの『Banga』は、20世紀前半に活躍したロシアの作家ミハイル・ブルガーコフの小説『巨匠とマルガリータ』から引用したものだと語っていて、実際にキリストの磔刑を命じた史実上の人物としても知られるローマのエルサレム総督ポンティウス・ピラトゥスが飼っていた犬として小説ではバンガが登場しているとか。

アルバムにはさらにエイミー・ワインハウスに捧げる"This Is the Girl"のほか、"Nine"というジョニー・デップへのバースデイ・ソングも収録されているという。また、アルバムからのファースト・シングルとなり、トム・ヴァ―レインとの共演となる"April Fool"もアメリカのアイチューンズではすでにリリースされている。

なお、カヴァー集となった2007年の『トゥエルヴ』ではパティの息子でメグ・ホワイトと09年に結婚したジャクソン・スミスがギターで参加しているが、ジャクソンが今作にも参加しているかどうかはまだ明らかになっていない。

『Banga』のトラックリストは以下のとおり:
01 Amerigo
02 Fuji-san
03 April Fool
04 This is the Girl
05 Banga
06 Maria
07 Tarkovsky (The Second Stop is Jupiter)
08 Mosaic
09 Nine
10 Seneca
11 Constantine’s Dream
12 After the Gold Rush
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする