尾崎豊、初のライヴ映画が公開。1991年のラストツアー初日・横浜アリーナ公演を収録

  • 尾崎豊、初のライヴ映画が公開。1991年のラストツアー初日・横浜アリーナ公演を収録
  • 尾崎豊、初のライヴ映画が公開。1991年のラストツアー初日・横浜アリーナ公演を収録
  • 尾崎豊、初のライヴ映画が公開。1991年のラストツアー初日・横浜アリーナ公演を収録
  • 尾崎豊、初のライヴ映画が公開。1991年のラストツアー初日・横浜アリーナ公演を収録
  • 尾崎豊、初のライヴ映画が公開。1991年のラストツアー初日・横浜アリーナ公演を収録
  • 尾崎豊、初のライヴ映画が公開。1991年のラストツアー初日・横浜アリーナ公演を収録
  • 尾崎豊、初のライヴ映画が公開。1991年のラストツアー初日・横浜アリーナ公演を収録
  • 尾崎豊、初のライヴ映画が公開。1991年のラストツアー初日・横浜アリーナ公演を収録

尾崎豊のライヴ映画「復活 尾崎豊 YOKOHAMA ARENA 1991.5.20」が、12月1日(土)より2週間限定で全国公開される。本作は尾崎豊にとって初の劇場映画となる。

この作品は、結果的に尾崎豊・最後のツアーになった1991年の「BIRTH TOUR」の初日・5月20日の横浜アリーナの模様に、未公開映像を加えて編集したもの。18台のカメラで収められた映像素材を、最新の技術によりフルデジタル仕様で作品化している。なお、セットリストは当時ライヴで行われたものとは異なり、作品用に厳選されている。映画のセットリストは以下の通り。

1「FIRE」
2「DRIVING ALL NIGHT」
3「十七歳の地図」
4「僕が僕であるために」
5「きっと忘れない」
6「卒業」
7「FREEZE MOON」
8「永遠の胸」
9「太陽の破片」
10「誕生」
~以下、アンコール~
11「I LOVE YOU」
12「シェリー」
(合計12曲)

なお、昨年9月に開催された写真展『「尾崎豊特別展」OZAKI20』には13日間で2万人以上のファンが来場しており、尾崎豊のプロデューサーであり今作でも総合プロデューサーを務めた須藤 晃からは、以下のコメントが発表されている。

 ―――――――――――――――――――――――――

OZAKI 20への来場者に若い人が多くて、その人たちからも大きなスクリーンで尾崎豊が観たいと直接いわれました。フィルムコンサートを実現させたいという署名活動をしてくださっている方々も存じていました。
もう二度と体験できないと思われた驚愕のライブを、もう一度なんとか実現できないかと画策してきましたが、ちょうど横浜アリーナでのツアー初日の映像が部分的にしか世の中に出ていないことを知り、なんとかこの映像で映画館ライブのようなものができたらという想いで今回の公開にこぎ着けました。
日本のロック史上に大きな影響を与えた伝説のパフォーマンスを大音響の中で皆さんで体験していただきたいと思います。

須藤 晃 総合プロデューサー

 ―――――――――――――――――――――――――

●作品情報
「復活 尾崎豊 YOKOHAMA ARENA 1991.5.20」
公開:12月1日(土)より、TOHOシネマズ 日劇ほか全国ロードショー 〈2週間限定公開〉
企画・製作:ソニーPCL株式会社   総合プロデュース:須藤 晃   制作協力:ソニー・ミュージックレコーズ、アイソトープ 協力:SSPインターナショナル   上映時間:96分   配給:東宝映像事業部 2012年/日本/カラー
コピーライト:©2012 ソニーPCL/ソニー・ミュージックレコーズ/ISOTOPE INC. ozaki-cinema.com
一般料金:2,000円 / 学生以下:1,000円 (前売券はありません)
※上映時間に関しましては各上映劇場にお問い合わせください
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする