エレファントカシマシ、映画「みなさん、さようなら」の主題歌と挿入歌を担当

  • エレファントカシマシ、映画「みなさん、さようなら」の主題歌と挿入歌を担当
  • エレファントカシマシ、映画「みなさん、さようなら」の主題歌と挿入歌を担当 - アルバム『sweet memory~エレカシ青春セレクション~』

    アルバム『sweet memory~エレカシ青春セレクション~』

  • エレファントカシマシ、映画「みなさん、さようなら」の主題歌と挿入歌を担当 - 映画「みなさん、さようなら」のワンシーン

    映画「みなさん、さようなら」のワンシーン

  • エレファントカシマシ、映画「みなさん、さようなら」の主題歌と挿入歌を担当
  • エレファントカシマシ、映画「みなさん、さようなら」の主題歌と挿入歌を担当 - アルバム『sweet memory~エレカシ青春セレクション~』
  • エレファントカシマシ、映画「みなさん、さようなら」の主題歌と挿入歌を担当 - 映画「みなさん、さようなら」のワンシーン

エレファントカシマシの2000年の楽曲“sweet memory”が、2013年1月に公開予定の映画「みなさん、さようなら」の主題歌に決定した。また1997年の楽曲“さらば青春”も挿入歌として起用される。なお、この2曲はともにエレファントカシマシのセレクションアルバム『sweet memory~エレカシ青春セレクション~』に収録されている。

この映画は久保寺健彦の同名小説を映画化したもので、「団地」を舞台に主人公の人生を見つめていく青春劇。宮本が幼少期を団地っ子として過ごしたことがきっかけで主題歌の起用が実現したという。

監督は「アヒルと鴨のコインロッカー」「ジェネラル・ルージュの凱旋」「ゴールデンスランバー」などの中村義洋。そして主人公・悟の12歳から30歳までを演じるのは、同監督とはこれで5回目のタッグとなる濱田岳。悟と共に団地で成長していく同級生たちとして倉科カナ、永山絢斗、波瑠などが出演する。

●映画情報
「みなさん、さようなら」
監督:中村義洋
脚本:林民夫、中村義洋
原作:久保寺健彦「みなさん、さようなら」(幻冬舎刊)
出演:濱田岳/倉科カナ/永山絢斗/波瑠/田中圭/ベンガル/大塚寧々 他
上映予定劇場:東京・テアトル新宿/千葉・京成ローザ/愛知・伏見ミリオン座/大阪・テアトル梅田/兵庫・シネリーブル神戸/北海道・シアターキノ
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする