U2、新曲の無料配信とNFLスーパー・ボウルで放送されるCMへの出演について語る

U2、新曲の無料配信とNFLスーパー・ボウルで放送されるCMへの出演について語る

2月2日に行われるNFLスーパーボウルの開催と同時に新曲"Invisible"をリリースすることを明らかにしているU2だが、今回のリリースやバンク・オブ・アメリカのCM出演やNPO団体との連携について詳細を明らかにしている。

試合中継の間に放送されるバンク・オブ・アメリカのテレビCMにバンドは出演して"Invisible"を演奏し、そのCMではさらにNPO団体REDと提携した活動についても明らかにされると『USAトゥデイ』紙が伝えている。CMの内容についてバンドは明らかにしていないが、変更になったオリジナルの案についてボノは「一つの案は俺たちが中南米の家々の玄関を叩いて回って、人々の命を助けてくれてありがとうと感謝するものになっていたんだけど、ちょっとバンドを尊大に扱いすぎなんじゃないかってバンド内からも疑問が出たんだ」と説明している。

さらにCMでは"Invisible"が2日の18時から3日の23時59分まで無料ダウンロード配信として提供されることを明らかにし、その間バンク・オブ・アメリカはダウンロード1件ごとに上限2万ドル(約206万円)まで1ドルずつ、「エイズ、結核、マラリアと闘う世界基金」に寄付を行うという。

「スーパー・ボウルをめぐるエネルギーとU2が関心を持っているものをすべて持ってきて、それをエイズ撲滅へと振り替えていくわけなんだよ」とボノは語っている。REDはボノが活動家のボビー・シュライヴァーと共に立ち上げた団体で、エイズの母子感染を2015年までに撲滅する活動の支援を行っている。

また、CMではU2が4月にリリースする新作のアナウンスも行われるが、"Invisible"はアルバムからのシングルではないとボノは次のように語っている。

「アルバムのキック・オフとなる曲で、すごく楽しみにしてる曲がもうひとつあるんだよ。今度の曲はむしろアルバムのプレヴューみたいな感じなんだ。俺たちがまだ生きてることをみんなに伝えるためのものなんだよ」

アルバムは2009年の『ノー・ライン・オン・ザ・ホライゾン』以来のものとなり、ニューヨークのエレクトリック・レディ・スタジオで制作されたことが伝えられている。また、バンドはアメリカの人気テレビ番組『ザ・トゥナイト・ショー』の新しい司会者となるジミー・ファロンの2月17日の第1回目の放送に客演する予定にもなっている。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする