ビートルズ&ローリング・ストーンズのアルバム・ジャケ写に纏わるこんな裏話♪

  • ビートルズ&ローリング・ストーンズのアルバム・ジャケ写に纏わるこんな裏話♪
  • ビートルズ&ローリング・ストーンズのアルバム・ジャケ写に纏わるこんな裏話♪
  • ビートルズ&ローリング・ストーンズのアルバム・ジャケ写に纏わるこんな裏話♪
  • ビートルズ&ローリング・ストーンズのアルバム・ジャケ写に纏わるこんな裏話♪
★以前も本ブログで、
デヴィッド・ボウイの『Heroes』のジャケ写と、
イギー・ポップの『The Idiot』のジャケ写に纏わる裏話をご紹介しましたが(→ https://rockinon.com/blog/kojima/172041)、


★今日はザ・ビートルズの『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (1967年6月リリース)』と、
同じく67年12月にリリースされたザ・ローリング・ストーンズの『Their Satanic Majesties Request』に纏わる裏話をご紹介。

同時期にデビューし、共に大ヒットを連発していたビートルズ&ストーンズが、
表向きには「ライバル同士」と見なされていたにも拘らず、裏ではお互いメンバー同士の私的な交流もあり非常に仲が良かった。

という話はファンならご存知だと思いますが、

★そんな2バンドの仲のよさをさりげなく象徴しているのが、
ビートルズの『サージェント・ペパー・~』のジャケ写と、ストーンズの『ゼア・サタニック・~』のジャケ写のアートワーク。

(1)まずはビートルズの『サージェント・ペパー・~』のジャケ写の右端にある【シャーリー・テンプル人形】をご覧あれ。
この人形が着ているTシャツの胸には、なんと【Welcom The Rolling Stones】の文字が。

(2)その半年後にリリースされたストーンズの『ゼア・サタニック・~』では、
ストーンズ自身もそんなビートルズにリスペクトの意味で【サイケな3Dジャケ写にビートルズの4人がコラージュ】されて登場しています。

жそのへんを図入りで詳しく説明しているのが以下のウェブ・メディアFeelnumbの記事。


http://www.feelnumb.com/2010/01/29/the-rolling-stones-returned-the-sgt-pepper-album-cover-tribute-to-the-beatles/
児島由紀子の「ロンドン通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする