チャンス・ザ・ラッパーが圧巻のヘッドラインに感無量!日本のフェスにも出演のロード、Charli XCXなども出演のNYフェス開始。DAY 1速報。

  • チャンス・ザ・ラッパーが圧巻のヘッドラインに感無量!日本のフェスにも出演のロード、Charli XCXなども出演のNYフェス開始。DAY 1速報。 - pic by The Governors Ball

    pic by The Governors Ball

  • チャンス・ザ・ラッパーが圧巻のヘッドラインに感無量!日本のフェスにも出演のロード、Charli XCXなども出演のNYフェス開始。DAY 1速報。 - pic by The Governors Ball

    pic by The Governors Ball

  • チャンス・ザ・ラッパーが圧巻のヘッドラインに感無量!日本のフェスにも出演のロード、Charli XCXなども出演のNYフェス開始。DAY 1速報。 - pic by Akemi Nakamura

    pic by Akemi Nakamura

  • チャンス・ザ・ラッパーが圧巻のヘッドラインに感無量!日本のフェスにも出演のロード、Charli XCXなども出演のNYフェス開始。DAY 1速報。
  • チャンス・ザ・ラッパーが圧巻のヘッドラインに感無量!日本のフェスにも出演のロード、Charli XCXなども出演のNYフェス開始。DAY 1速報。
  • チャンス・ザ・ラッパーが圧巻のヘッドラインに感無量!日本のフェスにも出演のロード、Charli XCXなども出演のNYフェス開始。DAY 1速報。
  • チャンス・ザ・ラッパーが圧巻のヘッドラインに感無量!日本のフェスにも出演のロード、Charli XCXなども出演のNYフェス開始。DAY 1速報。
  • チャンス・ザ・ラッパーが圧巻のヘッドラインに感無量!日本のフェスにも出演のロード、Charli XCXなども出演のNYフェス開始。DAY 1速報。
  • チャンス・ザ・ラッパーが圧巻のヘッドラインに感無量!日本のフェスにも出演のロード、Charli XCXなども出演のNYフェス開始。DAY 1速報。
  • チャンス・ザ・ラッパーが圧巻のヘッドラインに感無量!日本のフェスにも出演のロード、Charli XCXなども出演のNYフェス開始。DAY 1速報。
  • チャンス・ザ・ラッパーが圧巻のヘッドラインに感無量!日本のフェスにも出演のロード、Charli XCXなども出演のNYフェス開始。DAY 1速報。
  • チャンス・ザ・ラッパーが圧巻のヘッドラインに感無量!日本のフェスにも出演のロード、Charli XCXなども出演のNYフェス開始。DAY 1速報。
  • チャンス・ザ・ラッパーが圧巻のヘッドラインに感無量!日本のフェスにも出演のロード、Charli XCXなども出演のNYフェス開始。DAY 1速報。
  • チャンス・ザ・ラッパーが圧巻のヘッドラインに感無量!日本のフェスにも出演のロード、Charli XCXなども出演のNYフェス開始。DAY 1速報。
  • チャンス・ザ・ラッパーが圧巻のヘッドラインに感無量!日本のフェスにも出演のロード、Charli XCXなども出演のNYフェス開始。DAY 1速報。
  • チャンス・ザ・ラッパーが圧巻のヘッドラインに感無量!日本のフェスにも出演のロード、Charli XCXなども出演のNYフェス開始。DAY 1速報。 - all pics by Akemi Nakamura

    all pics by Akemi Nakamura

  • チャンス・ザ・ラッパーが圧巻のヘッドラインに感無量!日本のフェスにも出演のロード、Charli XCXなども出演のNYフェス開始。DAY 1速報。 - pic by The Governors Ball
  • チャンス・ザ・ラッパーが圧巻のヘッドラインに感無量!日本のフェスにも出演のロード、Charli XCXなども出演のNYフェス開始。DAY 1速報。 - pic by The Governors Ball
  • チャンス・ザ・ラッパーが圧巻のヘッドラインに感無量!日本のフェスにも出演のロード、Charli XCXなども出演のNYフェス開始。DAY 1速報。 - pic by Akemi Nakamura
  • チャンス・ザ・ラッパーが圧巻のヘッドラインに感無量!日本のフェスにも出演のロード、Charli XCXなども出演のNYフェス開始。DAY 1速報。
  • チャンス・ザ・ラッパーが圧巻のヘッドラインに感無量!日本のフェスにも出演のロード、Charli XCXなども出演のNYフェス開始。DAY 1速報。
  • チャンス・ザ・ラッパーが圧巻のヘッドラインに感無量!日本のフェスにも出演のロード、Charli XCXなども出演のNYフェス開始。DAY 1速報。
  • チャンス・ザ・ラッパーが圧巻のヘッドラインに感無量!日本のフェスにも出演のロード、Charli XCXなども出演のNYフェス開始。DAY 1速報。
  • チャンス・ザ・ラッパーが圧巻のヘッドラインに感無量!日本のフェスにも出演のロード、Charli XCXなども出演のNYフェス開始。DAY 1速報。
  • チャンス・ザ・ラッパーが圧巻のヘッドラインに感無量!日本のフェスにも出演のロード、Charli XCXなども出演のNYフェス開始。DAY 1速報。
  • チャンス・ザ・ラッパーが圧巻のヘッドラインに感無量!日本のフェスにも出演のロード、Charli XCXなども出演のNYフェス開始。DAY 1速報。
  • チャンス・ザ・ラッパーが圧巻のヘッドラインに感無量!日本のフェスにも出演のロード、Charli XCXなども出演のNYフェス開始。DAY 1速報。
  • チャンス・ザ・ラッパーが圧巻のヘッドラインに感無量!日本のフェスにも出演のロード、Charli XCXなども出演のNYフェス開始。DAY 1速報。
  • チャンス・ザ・ラッパーが圧巻のヘッドラインに感無量!日本のフェスにも出演のロード、Charli XCXなども出演のNYフェス開始。DAY 1速報。
  • チャンス・ザ・ラッパーが圧巻のヘッドラインに感無量!日本のフェスにも出演のロード、Charli XCXなども出演のNYフェス開始。DAY 1速報。
  • チャンス・ザ・ラッパーが圧巻のヘッドラインに感無量!日本のフェスにも出演のロード、Charli XCXなども出演のNYフェス開始。DAY 1速報。
  • チャンス・ザ・ラッパーが圧巻のヘッドラインに感無量!日本のフェスにも出演のロード、Charli XCXなども出演のNYフェス開始。DAY 1速報。 - all pics by Akemi Nakamura

アメリカも本格的にフェスシーズンが開幕した!

NYで今週末6月2−4日に、Randall's Islandにて今年7年目となるフェス、Governors Ball ミュージックフェスティバルが開催されている。初日は無事終了した。行って来たので簡単にレポート。

1)チャンス・ザ・ラッパー:ヘッドライナーは、飛ぶ鳥を落とす勢いのチャンス・ザ・ラッパー。彼は今年のアメリカフェスにおける中心人物であり、なんと14回もヘッドライナーを飾るのだ!チャンスは、去年の10月にもNYのフェスに出演し、その時はカニエ・ウェストがヘッドライナーで、その前のメインステージでの出演だった。今回驚いたのは、それからまだ1年も経っていないのに、この日のチャンスが、正に今のアメリカのヘッドライナーを飾るにふさわしい大スターに変貌していたこと!!!! もちろん、カニエの前に出たライブも最高だったのだけど、ヘッドライナーに初めて上り詰めた瞬間だからこその特別なオーラというかきらめきというか才能だけじゃない何かをまといこの瞬間を歴史に刻むような、圧巻のライブを行った。

だからそのセットリストも、彼がなぜ今頂点に上り詰めたのかを証明するような、サウンド的にも感情的にも、多岐に渡る内容でそれを見事に操っていた。いきなりバイクの乗って登場し、”Mixtape”で華々しく開始。パイロも上がって、興奮を煽る。

かと思えば、すぐに”Blessings" など『Coloring Book』のゴスペルとポップの世界観に招き、さらに、カニエ・ウェストとのコラボ曲やカバー”Waves”、”Father Streach My Hands Pt1"、そして”Ultralight Beam”と、ファンが涎な怒濤の展開に続く。そして、ダニー・トランペットも共演し、彼とのコラボ曲、”Sunday Candy”へ。右から左から、息をつく暇もない、キャリアのハイライトの応酬だったのだ。のみならず、ステージには、コラボしてこの日のフェスにも出演していたFrancis the Lightsも登場し、”May I Have This Dance”で共演。チャンスは、この日の早い時間にも、Francisのライブに登場し、ステージで共演。オーディエンスが大パニックになっていた。

ゴスペル隊も登場したりして、サウンドのみならず、ファンの心もがっちり掴んだままエモーションもかき回すようなライブだった。"All Night”でファンを踊りまくらせておいた後即座に、”Same Drugs”で鳥肌+感涙。極め付きは、最後に”Bleesing (Reprise)で、Ty Dolla $ignも登場し、再び花火が上がる。全18曲、すべての瞬間をマックスで表現してみせたようなライブでとにかく感無量だった。これぞ今のアメリカを代表する王者の風格を纏っているようだった。彼は、地元シカゴで行われるロラパルーザでもヘッドライナーをやることになっている。絶対に歴史的なライブになると思うので、観に行きたいと思っている。

2)ロード:デビュー作でいきなり世界の脚光を浴び、大注目の中2作目を発表。どれだけのプレッシャーだったろうかと思うのだが、自分の失恋をダンスナンバーに変えたファースト・シングル”Green Light”に象徴されていたように、その苦しみや痛みを、「ダンスを踊っていれば大丈夫だと思える」とでもいうかのように、プレッシャーともども複雑な感情をポップソングに昇華していたところが見事。この日のライブでも、彼女は、やはりステージに立つために生まれてきたのだと、しっかりと実感させてくれる内容だった。何が素晴らしかったかと言えば、彼女自身もそのプレッシャーから逃げずに、チャンスの前のメインステージで、それを背負った堂々のエンターテイメントショーをやってみせたこと。この日、最新作を共作したBleachersも出演したため、彼と共演する場面もあった。ふたりで肩を寄せてピアノの前に座り、ふたりが曲を作っている時にインスピレーションになったというロビンの”Hang With Me”を披露。本当にふたりで痛みや戦いを乗り越えた同士のように見えた。どんなところからこれらの曲が生まれたきたのかを垣間見るような感動的な瞬間だった。フジロックのライブも間違いなく素晴らしいものになると思う!

3)Charli XCX:とにかく目の前の観客に最高の瞬間を過ごしてもらうために、全力を尽くす、という引き続きポップスター精神に溢れたライブで感動した。

4)Bleachers:ブルース・スプリングスティーンとザ・キラーズを行き来するような強烈にエモーショナルかつフックの強い曲を連打。かと思えば、フリートウッド・マックの”Go Your Own Way”もカバーで感涙。

5)その他サマーソニックにも出演の美しいR&BサウンドをもたらしたKehlaniから、観客が狂ったように飛びまくっていたScHoolboy Q、Danny Brownなども観たのだけど長くなりすぎるので、詳しくは、今後のロッキング・オン本誌でも書くつもりです。

6)雑感:観客はVIPチケットのみを残してほぼ売り切れで、観客は5万人弱。毎年行っているけど、今年は早くから多くの人が詰めかけていて、史上最高に人がいたように思えた。とにかく女子が異様に多かった。ロード目当てだったのだろうか。ハイムとかテイラー・スウィフトのライブに行くとみんな同じファッションをしているのだけど、ストレートロングにショートパンツという。そういう子達が引き続き大量にいた。

7)2日目は、フェニックスとチャイルディッシュ・ガンビーノがヘッドライナー、3日目はトゥール!個人的には、チャンスが素晴らしすぎてここでライブが終ってもオーケーなくらいだが、まだまだ楽しみは続く。
中村明美の「ニューヨーク通信」の最新記事

最新ブログ

フォローする