ジャーニー:来日迫るアメリカンロック伝説。「産業ロック」呼ばわりへの返答、スタジアムを掌握するための極意etc. ―― 始祖ニール・ショーンがすべてを語った最新ロングインタビュー

ジャーニー:来日迫るアメリカンロック伝説。「産業ロック」呼ばわりへの返答、スタジアムを掌握するための極意etc. ―― 始祖ニール・ショーンがすべてを語った最新ロングインタビュー - rockin'on 2024年8月号 中面rockin'on 2024年8月号 中面

現在発売中のロッキング・オン8月号では、ジャーニー:ニール・ショーンのインタビューを掲載!
以下、本インタビューの冒頭部分より。



「人っていうのは負け犬を応援したいんだ。特に評論家たちはね。
必死でもがいて頑張っている姿は好きだが、成功して人気が出た瞬間、“魂を売った”と言う」


●4月末に終了したTOTOとのツアーはいかがでしたか?

「大成功に終わったよ。2バンドとも今、乗りに乗っているというか、相手がいい演奏をすれば、こちらも最高レベルに引き上げられる。スティーヴ・ルカサーとは古い友人でもあるしね。彼と前回一緒にやったのは、他でもない日本でのジェフ・ベック(テリー・ボジオ、トニー・ハイマス)とのスタジアムツアーで、僕はバッド・イングリッシュ、スティーヴはソロのバンドで参加していた。あの時はジェフたちと一緒に“ゴーイング・ダウン”をやったんだ。何年も前の話(1989年)だよ。今回は、元々はビリー・アイドルとのツアーになる予定だったんだが、開始1週間前にエージェントから「ビリーが入院する」と告げられ、代わりの共演相手を考えた時に最初に思い浮かんだのがスティーヴだった。TOTOとジャーニーなら最高の組み合わせになると思ったんだ。実のところTOTOはアメリカではイマイチ売れてないんで、当初エージェントは乗り気じゃなかったんだが、『俺を信じてくれ。音楽のことならわかってる。お互いのファンは喜ぶはずだ』と押し切ったよ。実際その通りになり、どこも完売の大盛況だった。TOTOとジャーニーの組み合わせにはマジカルな何かがあるから、今度は東京でも一緒にやろうじゃないかと話してたりもするんだ。今回のツアーが本当に楽しかったから、まだこれを終わらせたくないんだよ」

●この夏にはデフ・レパードとの北米スタジアムツアーも控えています。あなたにとって「一緒にツアーすることで良い相乗効果が得られるバンド」の条件というと?

「なんと言っても、人間的に気が合う連中かどうかだな。音楽的な相性も大事だし、そこはファンを第一に考える。デフ・レパードとは2018年にも_緒にツアーをしてきて、どちらにとっても過去最大の成功を収めるソールドアウトツアーとなった。また彼らとやるのを楽しみにしているよ。さっきも言ったように、今のジャーニーは乗りに乗っていて、勢いは増す一方なんだ。俺たちはこうして歳をとり続けているのに、ファンはどんどん若返っている(笑)。バンドにも感謝してるよ。特にアーネルにはね。彼が歌うようになって17年になるが、決して楽な仕事じゃないからね」
(以下、本誌記事へ続く)



ジャーニーの記事の続きは、現在発売中の『ロッキング・オン』8月号に掲載中です。ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。

ジャーニー:来日迫るアメリカンロック伝説。「産業ロック」呼ばわりへの返答、スタジアムを掌握するための極意etc. ―― 始祖ニール・ショーンがすべてを語った最新ロングインタビュー
rockin'on 編集部日記の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

人気記事

フォローする