フジロックでジェイムス・ブレイクを見る。

フジロックでジェイムス・ブレイクを見る。
キュアーを少し見て、ジェイムス・ブレイクへ移動。最新作の世界観を反映したライブでとてもエモーショナルだった。
そして何故か、最初に彼をみたデビュー当時のリキッドルームのライブとイメージがダブって仕方がなかった。
当然、演奏される曲は違う。モダンなブラック・ミュージックの方法論を大胆に導入した現在の世界観はない。だいたい彼自身がモダンなソウル・ミュージック、モダンなR&Bそのものと言っていい存在になっている。
でも、あの時の衝撃的な登場感と同じオーラを、このフジロックのステージは放っていた。
新しいポップ・ミュージックを提示しているという自信が、今のジェイムス・ブレイクからは強く感じられる。それがデビュー当時と同じようなエネルギーを生んでいるのではないか。
凄く頼もしい感じが良かった。
アンコールもなくて、少し短かったのが残念だった。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする