ポール・ウェラーの新作「オン・サンセット」は、青春の思い出「サンセット大通り」と、人生の残り時間を思う「日没」を表したもの。だから切なくも熱い曲が並んだ作品になった。明日の番組で熱く紹介します。

ポール・ウェラーの新作「オン・サンセット」は、青春の思い出「サンセット大通り」と、人生の残り時間を思う「日没」を表したもの。だから切なくも熱い曲が並んだ作品になった。明日の番組で熱く紹介します。
「バプティスト」で、自分は神に祈ったり教会に行ったりしなかったけど、あのサウンドが聞こえると胸に響く。もしも自分に神がいるとするなら、あのサウンドとメロディだ。と黒人音楽への強い思いを歌うのがとても熱い。番組で紹介したい。
渋谷陽一の「社長はつらいよ」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする