フリート・フォクシーズの「Shore」は、この時代に於いてもアルバムという物語が有効だと示した傑作だ。この55分の映像を見て欲しい。

フリート・フォクシーズの「Shore」は、この時代に於いてもアルバムという物語が有効だと示した傑作だ。この55分の映像を見て欲しい。
ポップ・ミュージックの可能性は、いろいろな形で広がっていくのだということを感じさせてくれる。

渋谷陽一の「社長はつらいよ」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする