ゴーゴー・ペンギンをブルーノート東京で観た

ゴーゴー・ペンギンをブルーノート東京で観た
新作アルバムも良かったが、やはりライブで観たいアーティスト。

生のピアノ、ドラム、ベースのトリオでエレクトロニック楽器は一切なし。
エレクトロニカ的な反復する楽曲の中に緩急、抜き差し、変則リズムを巧みに取り入れながら、エモーショナルな高まりにまで持っていくコンビネーションはすごい。


プレイヤーとしてピュアになるフォーマットとしては言うまでもなくジャズがあるが、「エレクトロニカを生のトリオでやる」というフォーマットによって演奏者としてのピュアネスを獲得する、というのは素晴らしいアイデアだと思う。

それをこれ見よがしにやるのではなく、洗練された形でナチュラルに提示してくれた。
山崎洋一郎の「総編集長日記」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする