back numberを横浜アリーナで観た

back numberを横浜アリーナで観た
依与吏がMCで「いや、ただ突っ立って歌ってるだけなんですけどね」と何度も言っていた。
歌い終わるたびに肩で息をするほど体力を消耗することに関しての軽い言い訳のような一言だったと思うけど、
back numberの音楽の重要ポイント、清水依与吏がやっていることの重要ポイントはまさにそこである。
突っ立って歌うだけで全身全霊を出し尽くしてしまうほどの集中力なのである。
客席にいると、ものすごい密度と圧のようなものが歌から伝わってきて、歌詞の内容やメロディーもさることながらその精神的な力に心を揺さぶられてしまう。
back numberが、切ないメロでラブソングを歌う数多のバンドと違って別格なのはその力においてである。

ネタバレできないので内容は書けないが、最新アルバム『MAGIC』で骨太になったback numberの音楽が全身で感じられるライブだった。

そしていつも思うが、照明が素晴らしい。back numberの照明として理想的なものを構築できていると思う。(山崎洋一郎)
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする