無垢なグッドミュージック

never young beach『A GOOD TIME』

発売中

never young beach A GOOD TIME
アルバムとしては3枚目だが、これがメジャーデビュー作となる。伸びやかで個性的な声質と、バンド全体から響き渡るような、イージーゴーイングなさじ加減は本作でも絶好調だ。アルバム全体に漂うのは、帯のような一体感。なんというか、なんてことのない、とある夏の1日を9分割して、それぞれ異なる音楽にしてみた、というような印象。朝から晩まで、ひと続きの長い1日を見ているようである。大げさなメッセージを届けようという気負いがまったく感じられず、それが心地好いし、共感も呼ぶのではないだろうか。気持ち良さをとことん追求した、すがすがしい傑作。

初回限定盤の特典は、4月に開催された初のワンマンツアーから、リキッドルームでのライブ公演を収録したDVD。現時点でのベストと呼んでもいいほどの充実の選曲が約1時間も楽しめる。「生ネバヤン」未経験なら必見だ。余談だが、このバンドの曲を聴く時、いつもなぜかビールが飲みたくなってしまう。ジャケットのアートディレクションは写真家・奥山由之によるもの。メンバーの表情がすごくいい。(峰典子)

最新ブログ

フォローする