来年の武道館へのスタミナを

打首獄門同好会『秋盤』

発売中

打首獄門同好会 秋盤
ラーメン二郎への愛をラウドに叫び(“私を二郎に連れてって”)、“日本の米は世界一”と歌い自ら米作りをし、“島国DNA”では漁をして、日本の食を讃美し堪能してきた、打首獄門同好会。果てには、“歯痛くて feat DR.COYASS”(アルバム『やんごとなき世界』収録)と虫歯になって、前作『夏盤』で“糖質制限ダイエットやってみた”と、リリースごとにフリとオチのような展開を迎えているが、秋はやはり食欲が抑えきれなかった模様だ。今回リリースされる『秋盤』はすべて食にまつわる、ハイカロリーな内容である。

スピーディなビートと祭の高揚感で《ビーフ ポーク チキン 29》とシンガロングする“ニクタベイコウ!”。そして、静岡にある「炭焼きレストランさわやか」を歌にした“SAWAYAKA”と、直球すぎてぐうの音も出ない「肉々しさ」を、キャッチーなメタルに昇華。ひたすら肉料理を大真面目に叫び、テクニカルな演奏でクールにキメる奇天烈な曲揃いだが、なぜかそこから哀愁も聴かせてしまう技クセと味わいがある。この妙味は、一体なんなんだろう。(吉羽さおり)

最新ブログ

フォローする