【JAPAN最新号】SEKAI NO OWARI、4年ぶりのアルバム『Eye』『Lip』超ロングインタビュー!

【JAPAN最新号】SEKAI NO OWARI、4年ぶりのアルバム『Eye』『Lip』超ロングインタビュー!
【JAPAN最新号】SEKAI NO OWARI、4年ぶりのアルバム『Eye』『Lip』超ロングインタビュー!

「新曲のレコーディングにあてたのは1年ぐらいなので、4年間ずーっとこれをやってたわけじゃなくて『ようやくタイミングが来たかな』っていう。ツアーもやってたし、海外も普通より行ってたし、たくさんやることがあってここまで延びて、ようやくここまで来たかなって感じです」(Saori/Piano)
「それこそレコーディング中にFukaseが3曲ぐらい新曲を追加して、みんな『止めろ』って(笑)」(DJ LOVE/DJ)
「『止めろ』というか、『間に合わない』っていう(笑)」(Saori)

『Lip』と『Eye』、口と目なんですけど、僕は両方「語るもの」だと思っていて。『Lip』は口から出てくる希望みたいなものを歌っていると思うし、「こうであったらいい」っていうすごく希望的な曲が多くて。それに対して、『Eye』は希望というものを見ている目っていう感じで、この構図になってるのかなって(Fukase/Vo・G)

連携とか意思疎通がどんどん取れるようになってる、言っていることもわかるようになってるっていうのはあるとは思うんですけど、それにしても今回は路頭に迷っちゃうような曲はなかったかなって思います。「こっちのほうに向かおう」って最初に進んだ方向が大体正しい。そういう曲が多かったから、気持ちよくアレンジもやれた感じがありますね(Nakajin/G)

今までもそれぞれ、私とFukaseくんが共作したり、Nakajinと共作したり、そういうことをいくつもやってきたからこそ、こうやってズラーッと並んでも「これはセカオワだね」ってなると思うんです。「これは26曲全部セカオワだね」ってなってるんだとしたら、セカオワってものをみんなで作ってきたってことなのかなと思う(Saori)

「全然思ったことのない感情」「自分の命よりも大切な存在」みたいものを感じてた4年間だったのかな。前は、“虹色の戦争”“世界平和”“天使と悪魔”とか、特定の人をイメージするよりも空に向かって歌ってる曲が多かったのかも。やっぱり僕はもう大人だし、ずーっと自分を守って生きてきたつもりだったんですけどね、「もう守る側なんだな」っていうのは色濃く出てるとは思います(Fukase)

  • 【JAPAN最新号】SEKAI NO OWARI、4年ぶりのアルバム『Eye』『Lip』超ロングインタビュー! - 『ROCKIN'ON JAPAN』4月号

    『ROCKIN'ON JAPAN』4月号

  • 【JAPAN最新号】SEKAI NO OWARI、4年ぶりのアルバム『Eye』『Lip』超ロングインタビュー! - 別冊 今知るべき、sumikaのすべて

    別冊 今知るべき、sumikaのすべて

  • 【JAPAN最新号】SEKAI NO OWARI、4年ぶりのアルバム『Eye』『Lip』超ロングインタビュー! - 『ROCKIN'ON JAPAN』4月号
  • 【JAPAN最新号】SEKAI NO OWARI、4年ぶりのアルバム『Eye』『Lip』超ロングインタビュー! - 別冊 今知るべき、sumikaのすべて
back number
3年ぶりのフルアルバム『MAGIC』がついに完成。
ここに至るまでの悩み、苦しみ、それを乗り越えた今、思うこと――語られることのなかった葛藤の日々をそれぞれが語った3人ソロインタビュー

●別冊 今知るべき、sumikaのすべて
新世代のポップミュージックを決定づける新作『Chime』全員インタビュー&sumikaの原点を解き明かす片岡健太2万字インタビューの総力特集2本立てで送るスペシャルブック!

●SEKAI NO OWARI
4年ぶり、全26曲の衝撃作『Eye』『Lip』がついに完成。2枚のアルバムが描き出す光と闇の交錯、その真実をメンバー全員が語る

[ALEXANDROS]
アリーナツアーへと繋がる「Sleepless in Japan Tour」沖縄公演、完全密着。さらに終演直後、メンバーの肉声を聞いた!

UVERworld
世界基準へ到達しつつあるサウンド、しかし原点は忘れていなかった――。新作『Touch off』で見せた挑戦をTAKUYA∞×克哉が語りあう

WANIMA
1年ぶりのシングル『Good Job!!』はエロもバラードも王道も、すべてが最高峰に到達した渾身の一作だった! 3人がその真髄を語る!

●平手友梨奈(欅坂46
2時間15分のロングインタビューで語られた願いと戸惑い、欅坂46としての自分、新曲“黒い羊”を歌う理由――胸中にあるもの、そのすべて

KANA-BOON
5周年の旅路を経てたどり着いた答えとは? ニューシングル『ハグルマ』の真相に迫るメンバー全員インタビュー

THE ORAL CIGARETTES
バンドの結束、挑戦、そして到達した自由の境地。ニューシングル『ワガママで誤魔化さないで』、そのすべてを4人が語った

フレデリック
フレデリックサウンドを世間・時代により広く響かせる真骨頂アルバム『フレデリズム2』に迫る

UNISON SQUARE GARDEN
The Birthday
Nothing's Carved In Stone
TK from 凛として時雨
打首獄門同好会
Track's
MUCC
androp
a flood of circle
SILENT SIREN
AK-69
CHAI
ちゃんみな
四星球

●SCENE SPECIAL!
初の日本武道館で見た景色を、あいみょん自ら振り返る。さらに完全レポート&新曲“ハルノヒ”レビューも
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする