頼もしい18才

阿部真央『ふりぃ』
2009年01月21日発売
ALBUM
阿部真央 ふりぃ
1ヶ月ほど前に初めて阿部真央のライブを観て、歌の大きさと堂々とした佇まいに驚いた。会場を引き込む力強い伸びのある歌。そして、業界関係者ばかりのコンベンションという場において、自らのやるべきことを堂々とやり遂げていた。ライブの最後に、「どうしてもこの曲を歌わせてほしかった」という前置きをして、女手ひとつで自分を育ててくれたという母親への歌を歌ったのだが、そこに渦巻く彼女が歌を歌う必然性は、強い説得力を持っていた。

ライブで演奏されている曲のほとんどは、退屈に感じていた高校の授業中に土台を作った曲だという。なので、このデビューアルバムに収録されている、シンプルで輪郭がはっきりとしたポップ/ロックのサウンド・プロダクトの10曲も、おそらくそうなのだろう。誰もが抱えている不安、孤独感を、不器用ながらも突破しようとする強い意志と、女性らしい甘く切ない恋愛感情。これが阿部真央の表現の2本柱だが、曲ごとのアプローチは様々。等身大の飾りのない言葉ばかりだが、表情はとても豊かだ。大器の予感。(小松香里)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする