5月の来日ライブでの展開も注目

ノウワー『ライフ』
発売中
ALBUM
ノウワー ライフ
 
10年代から活動しているデュオだが、これまでひたすらエキセントリックだったそのエレクトロ・ビートにグルーヴが備わり、ある意味で楽曲がR&B化するという画期的なアルバムとなったのが、16年にリリースされた本作。特に2曲目は彼らのどこまでもエキセントリックなビートとベース・パターンがコーラスのボーカル・ハーモニーとあいまって見事にグルーヴを形成し、これがおそらくこのユニットにとって最高到達点のひとつと思わせる恍惚感を生み出している。もともとその性急なビートとサウンドに関しては、ただ極端にエキセントリックというのではなく、非常に緻密で精巧で、なおかつ重層的な試みの積み重ねで、その細部に気付くとひたすらはまる音になっていて、ボーカルを活かしたスローな曲ではその精妙な感性もよく発揮されている。メンバーのルイス・コールはサンダーキャットの『ドランク』にも参加していて、サンダーキャットが推奨するのも無理はない。(高見展)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする