これでまだ20代半ば

アイスエイジ『ビヨンドレス』
発売中
ALBUM
アイスエイジ ビヨンドレス

デンマークのポスト・パンク〜オルタナティヴ4人組の4年ぶり4作目は、ヘヴィでタフでワイルドでブルージーでグルーミーな、やさぐれた無頼派詩人の魂を漂わす強力な1枚だ。デビュー当時は性急なハードコア色が強かったが、アルバムを追うにつれ、ニック・ケイヴやスワンズ、ザ・フォールといった連中にも通じる激渋な文学ロックを聴かせるようになった。オリジナル・ニューヨーク・パンクのレジェンドにして詩人のリチャード・ヘルが文章を寄せている。彼らは元祖パンク詩人の衣鉢を継ぐ存在なのだ。

前作よりも音数が増えアレンジが多彩になった。ポップになったというより、その詩人のエッセンスは濃厚に煮詰められている。スカイ・フェレイラがボーカルで参加した曲はホーンやストリングスが加わり分厚いアンサンブルを聴かせるが、アルコールと煙草の匂いが混じり合う中、場末のバーで飲んだくれているようなアクの強さは少しも薄められていない。(小野島大)
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする