パスピエ流ユーモア、ここに極まれり

パスピエ『more humor』
発売中
ALBUM
パスピエ more humor
今年結成10周年を迎えるパスピエにとって、約2年ぶりのフルアルバムとなる『more humor』。「モアユーモア」と読むタイトルは、言葉遊びにも思えるリズミカルできれいな音感が気持ちいいし、ユーモラスでポップなサウンドを追求し続けている彼らを象徴しているようだ。そんな今作は、新体制以降音作りで新たな試みに挑戦するなど、「変化」に対してポジティブに向き合ってきたパスピエの最大変化と言っても過言ではない作風に仕上がっている。特にリード曲“ONE”は、ダウナーなメロディと無機質感のあるボーカリゼーションが冴える楽曲で、パスピエ史の中でも異彩を放っている。和や異国を感じさせる旋律や遊び心溢れるアレンジ、多彩で複雑な音の組み合わせなど、パスピエが10年間培ってきた個性をしっかりと活かしつつ、そのうえで「進化と変化」を新たなパスピエの新性質として迎え入れたいという意志が伝わってくる。曲の雰囲気に合わせて声色を変えたという大胡田なつき(Vo)のボーカルを筆頭に、楽曲内にふんだんにちりばめられた新たなエッセンスに驚きと感嘆が止まらない。(峯岸利恵)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする