名盤再現ショー、豪華2本立て

ドゥービー・ブラザーズ『ライヴ・フロム・ザ・ビーコン・シアター』
発売中
ALBUM
ドゥービー・ブラザーズ ライヴ・フロム・ザ・ビーコン・シアター

ウエストコースト・ロック界を代表するバンドで、今なお精力的にライブ活動を続けるドゥービー・ブラザーズ。本作はそんな彼らが2018年11月、ニューヨークの“ビーコン・シアター”で行なった公演を収録した最新ライブ・アルバム(CD2枚組+DVD)だ。

ドゥービーズのライブ盤は過去に何枚も発表されている。そんな中で本作がユニークなのは、彼らの二大名盤『トゥールーズ・ストリート』(72年)&『キャプテン・アンド・ミー』(73年)の収録曲がすべて「完全再現」されていること! “チャイナ・グローヴ”などの人気曲に加え、通常公演ではまず演奏されない「レア曲」をアルバム2枚分たっぷり堪能できちゃう、まさにドゥビ・ドゥビ・スペシャルなライブ盤なのだ。

初期のドゥービーズは、ストレートなロックを柱としつつ、ジャズやカントリーやゴスペルなど、さまざまなジャンルをフリーな発想で混ぜ合わせた“芋煮/シチュー”的な音楽性が最大の持ち味だった。中でも『トゥールーズ〜』と『キャプテン〜』の2作はその真骨頂と呼ぶべき名盤だったわけだけど、今回のライブでは、トロピカルなグルーヴ感が心地いい“ママロイ”から、モータウン的なソウル・ポップがはじける“ナチュラル・シング”、B.B.キング的ブルースが冴える“ダーク・アイド・ケイジャン・ウーマン”に至るまで、多種多彩なサウンドが見事にすべて生演奏で再現されていく。15年からツアーに参加しているビル・ペイン(元リトル・フィート)によるマジカルな鍵盤プレイの上乗せもあり、曲によってはオリジナルの完成度をも超えているほどで、今なお絶賛進化中のドゥービーズ・ワールド。お次は『ドゥービー天国』(74年)の完全再現ライブも期待しましょう。 (内瀬戸久司)



詳細はWarner Music Japanの公式サイトよりご確認ください。

ディスク・レビューは現在発売中の『ロッキング・オン』9月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。

ドゥービー・ブラザーズ ライヴ・フロム・ザ・ビーコン・シアター - 『rockin'on』2019年9月号『rockin'on』2019年9月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする