君とともに行けたなら

osage『あの頃の君によろしく/ Hertz』
発売中
SINGLE
osage あの頃の君によろしく/ Hertz
今年1月の初ワンマンを最後に松永祐太朗(G)が脱退。それを機に、ベースボーカルだった山口ケンタがギターボーカルに、サイドギターだった金廣洸輝がリードギターに転向したosage

“あの頃の君によろしく”は失恋を歌ったバラード。失恋はosageの王道にあたるテーマで、それもあってか、山口による歌詞はかなり冴えている。特に、各フレーズのラストを母音が「う」の音で揃えたAメロは秀逸だ。新体制初音源のため、サウンドの粗さは否めないが、その粗さがかえっていい。1番サビ直後のギターとボーカルが一緒に叫ぶ瞬間はこの編成になったからこそ生まれたアレンジだろうし、アウトロにある金廣のソロがどうしようもなく泣ける。彼ならではの情熱漲る仕上がりになっているほか、そのフレージングから松永の影も感じられるのだ。対して“Hertz”は、新境地といえるアッパーチューンで、リズムパターンの豊富さが楽しい。音源からだとやや見えづらかった(逆にライブハウスではしっかりと発露していた)、このバンドの熱さがパッケージングされるようになった印象だ。(蜂須賀ちなみ)

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする