心の深淵にダイブし続ける人魚の歌

luki『ユナイタマ』
発売中
DIGITAL
luki ユナイタマ
いついかなる時も、躊躇することなく感情の深みへと挑み、独創的な音楽表現を掴み取ってくる勇敢なシンガーソングライター。lukiはそんなアーティストだ。初のデジタルアルバムとなる本作は、昨年の配信楽曲“瓶とスコール”を含めた5曲を収録している。ロックにブルース、フォーク、エレクトロニック、多様なワールドミュージックなど、彼女はさまざまなスタイルを通じて楽曲を生み出してきたが、近頃は特定のスタイルに偏ることなく、自由奔放なポップ観を発揮しながらlukiの内面の核にあるものを削り出そうとしている。刺激的なCGアニメーションを駆使したMVのリード曲“アイスグリーン”や、本作の冒頭に配置された“more”にしても、ディープな思考とダイナミックな感情の蠢きを描いているのに、すこぶる風通しのよい響きをもたらしている。白眉はやはり最終トラック“壁の一週間”だろう。人々の狭間に立つ「壁」の視点を一人称で綴り、壁を挟んで巻き起こる諍いを見つめ続ける、凄まじい歌だ。人間の暗部から目を逸らすことができない、lukiの表現の本質に迫る1曲である。(小池宏和)

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする