plenty
plentyはなぜ、その歩みを止めるのか? 江沼が語る解散の真実、そしてこれから

plentyが解散を発表した。突然に。ここからツアーやフェス出演を経て、2017年9月16日(土)の日比谷野外大音楽堂公演を最後にplentyは解散する。まったくなんの前触れも予兆もなかった。それどころか躍動感とバリエーションに溢れたアルバム、その名も『life』が生まれて、江沼郁弥(Vo・G)は「plenty」と「音楽」との新たな向き合い方に喜びと希望を見い出していた。 だが彼は、plentyというものに対して、「いつかは失ってしまうもの」という感覚をいつからか自覚してしまっていたのかもしれない。それがいつ頃からなのか、なぜなのか。そのすべてを語った『ROCKIN'ON JAPAN』6月号でのロングインタビューから、発言の一部をお届けする。

インタビュー・撮影=山崎洋一郎

やっぱバンド幻想がね、強いんですよ、俺は。バンドに対する思いが強すぎるから辞める――って言ったらきれいごとかな

plentyの江沼郁弥ってすごい一部だと思うんですよ。それはもう、自分でもそうしようと思って、自分の頭の中、自分の音楽性をバンドに集約してたから。だから江沼郁弥からしたら、plenty解散は、もう本当序章だね。次の始まりって感じ

自分もplentyっていうのを背負ってきたけど、そろそろ許してあげようかなっていうのもあって。俺も次に進もうっていう。だから、ひとつの青春っていう感じですよね。蒼き日々って感じですよ、plentyっていうのは

前回は最新アルバムの『life』のツアーだったから、(ラストツアーは)それでできなかった曲に、過去の曲にちょっとスポットライトを当てたいなとは漠然と思ってて――3人だけでやりたいなと思ってる。サポートも入れずに、3人だけで、生々しい感じ

続きは2017年4月28日(金)発売のロッキング・オン・ジャパン6月号で!

ロッキング・オン・ジャパン
  • ROCKIN’ON JAPAN 2017年6月号

星野 源 “恋”の大ヒットがもたらしたもの、今思うこと、そして未来まで―― まだ誰も知らない、星野 源の現在地と「これから」をめぐるスペシャルインタビュー

  • ●ゆず
    13年半ぶりのJAPAN登場! 「たったふたり」で歩んできた20年のすべてを「この10曲」でひもとく、3時間半の超ロングインタビュー!
    ●米津玄師
    新曲“ピースサイン”を最速で語る! ロックでポップな「アニソン」へと振り切った衝動と情熱とは?
    ●WANIMA
    たまアリ大成功、unBORDEとのレーベル契約、ニューシングル『Gotta Go!!』――すべてを語る!
    ●04 Limited Sazabys YON FES 2017
    4人の「大切な場所」――2年目のYON FES完全レポート&後日インタビュー!
    ●plenty
    plenty、解散。彼らが背負うものとこれからのこと――その真実を江沼が語った
    ●BLUE ENCOUNT
    もう「号泣」しないブルエンの現在地に迫る、田邊ソロインタビュー
    ●Aimer
    彼女の声はどこからやってきたのか? 2万字インタビューで明かされる、歌姫の秘密
    ●Mrs. GREEN APPLE
    強力シングル『どこかで日は昇る』 完成! 変幻自在な3曲を5人で語る!
    ●さユり
    ひとりきりの闘いから、みんなと繋がる未来へ――運命のアルバム『ミカヅキの航海』のすべて
    ●The Birthday
    「遊牧民」と名付けられたアルバム『NOMAD』。9枚目にして彼らは今、どこに転がっていくのか?
    ●VAMPS
    ふたりで登場! ニューアルバム『UNDERWORLD』に込められた、彼らの真意とはなんなのか?
    ●androp
    衝撃の前作『blue』を経て手に入れた、彼らの新しい光――“Prism”を全員で語る
    ●NO NUKES 2017
    5回目の脱原発イベント「NO NUKES」。未来のために音楽と意志が鳴り響いた2日間をレポート
    ●JAPAN’S NEXT TURBO 2017
    最強8バンドが奇跡の集結! 完全レポート&出演者座談会!!
    ●TOTALFAT
    極太のフルアルバム『FAT』から見えてきた、バンド、そして「パンク」の真髄
    ●藤原さくら
    月9ドラマ主演から1年。大きな挑戦で成長した彼女が放つアルバム『PLAY』とは?
    ●宇宙まお
    ひとりの女性の日常を描ききった最高傑作『ベッド・シッティング・ルーム』を語る!
    ●ポルカドットスティングレイ
    ポルカの快進撃は続く。待望の1stミニアルバム『大正義』インタビュー!!
    ●中村一義
    デビュー20周年。セルフカバーベストアルバム『最高築』から見る、「自室から世界へ放たれるロック」の先駆者の歩みに迫る
    ●SAKANAMON
    過去最高濃度で生み出された新作『cue』から見えたバンドの醍醐味とは?
    ●HOWL BE QUIET
    自然体でつくり出したメジャー1stアルバム『Mr.HOLIC』で、たどり着いたバンドの核
    ●SCENE SPECIAL! KEYTALK
    『PARADISE』リリース記念フリーライブ「代々木でリリパパパラダイス」独占&完全密着!!
  • ●雑誌コード:09797-6
  • ●発売日:4月28日
  • ●定価:617円(+税)
詳細はこちら
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする