約1年ぶりのリリースとなる、さよなら、また今度ね(以下、さよ今)の2ndミニアルバム『夕方ヘアースタイル』。新世代バンドの一翼を担う存在としてデビューした彼らだが、ここへ来て、これまでとはまったく違う次元の「進化」を見せ始めている。それを端的に物語ったのが、今作にも収録されている“ミルクアイス”、そして“クラシックダンサー”の2曲だ(両曲とも秀逸なPVが出来上がっているので、是非とも見て欲しい)。まず前者はバンドの紅一点であるベースの佐伯香織が初めてヴォーカルを担当した1曲で、さよ今の新しい「武器」をプレゼンテーションしたナンバー。彼女のキュートなヴォーカルと疾走感溢れるビートが絶妙にマッチングし、既にライヴでも定番曲の位置を獲得している。そして、さらなる進化を確認できるのが、後者の“クラシックダンサー”だ。これまではちょっとした「ズレ」の感覚や「外し」の妙が核にあったさよ今のロックだが、この1曲で聴けるメロディと歌詞には、まさに「王道」と言っていいメジャー感が備わっている。そして何よりも驚きなのが、「さよ今らしさ」がまったく死んでいないということ。菅原達也が持つポップな才能をクリアに見せ、その輝きがより強調されているのだ。まさに転機の1枚と言っていいミニアルバム。メンバー4人にその手応えを存分に語ってもらった。

(インタヴュー・撮影=徳山弘基)

  • 1
  • 2
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする