phatmans after school改め「saji」、新たに描き始めたポップとバンドの進化形

phatmans after school改め「saji」、新たに描き始めたポップとバンドの進化形

一生懸命に楽曲に向かって自分を磨いていくだけですけど……ちょっと新鮮な面はありますね、やっぱり(ユタニ)


――「saji」という新しい名前でのスタートを切る、っていうことはいつ頃から考えてたんですか?

ヨシダタクミ(Vo・G) 今年に入ってからですね。1〜2月から――まだその時は名前は決まってなかったですけど、ぼんやりと「改称しよう」っていうのは考えてましたね。これは今もそうですし、当時もそうでしたけど、系譜としてphatmansを終わらせようという意図はあまりなくて。僕らメンバーも変わってないですし。ただ環境としては――キングレコードの中でも、僕らが身を置くキング・アミューズ(キング・アミューズメント・クリエイティブ)というのは特殊な場所なので。音楽シーン的にも、バンドシーンとは違うところへのアプローチが増えていくことにもなるので。「新人としてやっていこう」っていう気持ちですね。なので、ニューシングルというよりは「メジャー1stシングル」として打たせていただく形にはしてます。

――phatmans時代にも、phatmans after schoolとUnLimited(phatmansの前身バンド。ヨシダ&ユタニが在籍)の対バン企画とかもやってましたし――。

ユタニシンヤ(G) ありましたね(笑)。

――phatmansにも“過去現在未来進行形”っていう曲があったりするし、時系列を超えて音楽がつながっていくっていう感覚は、たぶん自然なものとしてあるんでしょうね。

ヨシダ うん、そうですね。僕自身はUnLimitedもphatmansもそうですし、sajiになってからも、作詞作曲の部分は僕が100%担ってやっているので。僕自身、音楽に対するスタンスは不変というか、変わらずに「自分で思う『いい音楽』を作ろう」っていう。マネジメントも、10年近く籍を置いてたところを今年の春先に退所しまして、今まで関わってきた大人たちが全員一新されたわけですけど――不安はあんまりないですね。楽しみっていうのが強いです。

ユタニ 新しいスタートを切ったっていう気持ちの反面、僕がやっていくことは今もそんなに変わってないので。一生懸命に楽曲に向かって、自分を磨いていくっていうだけなので。そんなに気持ちは変わらないんですけど……まあ、ちょっと新鮮な面はありますね、やっぱり。

ヤマザキヨシミツ(B) キングレコードさんとかがすごく後押ししてくれてるっていうか、「一緒になって戦おう」っていう――ひとつのチームみたいな感じでやってくれているので。意識しなくても、勝手に高揚感っていうか、そういうものは感じてますね。

「バンドを組んで世に出る」しか手段がなかった僕らの世代も、どんどん面白いことをやっていいんじゃないかって(ヨシダ)


――そういう形でバンドを取り巻く環境が新しく整ったというのも、ひとつ大きな要素だと思うんですけども。それに加えて、ヨシダさんに関して言えば、monoralismというクリエイターチームにも名前を連ねていて――。

ヨシダ はい。よくご存知ですね(笑)。

――monoralismはヨシダさんと、今回もアレンジで参加されているアオヤマイクミさん、中島生也さん――中島さんはそれこそかつてUnLimitedのメンバーでもあったわけで――と、サポートドラムのタイヘイ(ex.カラスは真っ白)さんという顔ぶれで。バンドのソングライターでありフロントマンでもある人が、クリエイターチームの一員でもある、っていうのはわりと珍しい例だと思うんですけど?

ヨシダ そうですね。とはいえ、別に契約も何もしてないですし、友達のサークルみたいなものなんで。monoralismっていうもの自体も、僕がもともと招集をかけて――僕ら全員同い年で、北海道出身なんですね。僕ら世代の、20代後半の人間たちって、バンドもそうですけど、結構多方面で活躍してる人が多いんですよ。同い年で言うと米津(玄師)くんとか、KANA-BOONとかもそうですし……いろんなところでつながりとか付き合いがあったり、僕の中では「音楽を生業として成功している仲間が多いな」っていう印象があって。せっかくいろんなつながりがあるから、こういうサークルみたいなものがあってもいいんじゃないかな、っていう話をして。で、集まってみたら、幸いそこでアニメの原盤制作のお話をいただいたり、僕が個人でやってるものの制作物を一緒に作ったり、っていうことがあって。

――バンド/レーベル/マネジメントという旧来型の枠組みでなく、そういう旧知の仲間ともチームを組んで制作に向かえるというのは、ヨシダさんにとっても大きいと思うんですよね。

ヨシダ そうですね。僕らの世代の時って、まだ「バンドを組んで世に出る」しか手段がなかったんですよね。今の若い子たちって、クリエイティブなことをして、作品をネットに上げるじゃないですか。で、大人になった今、世の中的にはそういう面白いムーブメントがどんどん生まれてきてる中で「別に俺らぐらいの世代になっても、そういうことをやってもいいんじゃないか」と思って。

次のページ3人でやったもののベストが武器だったり「らしさ」になっていく感じが一番、今は出せてるのかなって思います
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする