THE ORAL CIGARETTES/日本武道館

THE ORAL CIGARETTES/日本武道館 - photo by 鈴木公平photo by 鈴木公平
●セットリスト
1. 5150
2. Shala La
3. カンタンナコト
4. 悪戯ショータイム
5. CATCH ME
6. A-E-U-I
7. STARGET
8. 嫌い
9. WARWARWAR
10. 気づけよBaby
11. 不透明な雪化粧
12. エンドロール
13. Mr.ファントム
14. 起死回生STORY
15. エイミー
16. 狂乱 Hey Kids!!
17. DIP-BAP
18. リコリス
19. LOVE

(アンコール)
1. トナリアウ
2. ONE’S AGAIN

THE ORAL CIGARETTES/日本武道館 - photo by 鈴木公平photo by 鈴木公平
THE ORAL CIGARETTES/日本武道館 - photo by 鈴木公平photo by 鈴木公平
「これから、武道館に2回、3回…4回5回6回7回(笑)、立つバンドになります。でも、誰にとっても初めては特別やろ? その初めてを、今日はみんなと共有したいと思います」。山中拓也(Vo・G)はそう告げていた。セットリストを見てのとおり、THE ORAL CIGARETTESにとって初めての日本武道館ワンマンは、あくまでも「UNOFFICIAL DINING TOUR 2017」という新作ツアーのファイナルという位置付けであり、最新シングル曲で未来を指し示す、そういう意図が明確に表れたステージだった。
THE ORAL CIGARETTES/日本武道館 - photo by Viola Kam (V'z Twinkle Photography)photo by Viola Kam (V'z Twinkle Photography)
THE ORAL CIGARETTES/日本武道館 - photo by Viola Kam (V'z Twinkle Photography)photo by Viola Kam (V'z Twinkle Photography)
THE ORAL CIGARETTES/日本武道館 - photo by 鈴木公平photo by 鈴木公平
ステージを覆う紗幕スクリーンのイントロ映像が巨大なスペクタクルへとオーディエンスを誘い込み、口上と鮮烈な音出しが気持ちを昂ぶらせた後、狂おしい歌声が“5150”を切り出す。紗幕が落ちると同時に音玉が炸裂し、バンドのサウンドは急激に狂気の中へと飛び込んでいった。オーディエンスもさっそく渾身の歌声を上げて4人の音に食らいつき、ステージでは炎が立ち上る。4人は、そんな力の入りまくった演出にも押し負けないパフォーマンスを繰り広げてゆくのだった。
THE ORAL CIGARETTES/日本武道館 - photo by Viola Kam (V'z Twinkle Photography)photo by Viola Kam (V'z Twinkle Photography)
THE ORAL CIGARETTES/日本武道館 - photo by Viola Kam (V'z Twinkle Photography)photo by Viola Kam (V'z Twinkle Photography)
THE ORAL CIGARETTES/日本武道館 - photo by Viola Kam (V'z Twinkle Photography)photo by Viola Kam (V'z Twinkle Photography)
中西雅哉(Dr)が突き飛ばすようなビートを放つ“Shala La”、続いてあきらかにあきら(B・Cho)がタイトなグルーヴを牽引する“カンタンナコト”と、序盤から猛スパートをかけるオーラル。ほぼ1曲ごとに内容の異なるCGアニメーションがLEDスクリーンに映し出され、“悪戯ショータイム”では色とりどりのレーザーも飛び交っていた。エキゾチックなギターフレーズに彩られる“CATCH ME”では、客席からも一糸乱れぬコーラスが放たれていて見事である。
THE ORAL CIGARETTES/日本武道館 - photo by Viola Kam (V'z Twinkle Photography)photo by Viola Kam (V'z Twinkle Photography)
官能的なフックへと突き抜ける“STARGET”ではオーディエンスの頭上でタオルが回り、「武道館でこの曲歌うの楽しみにしてたんだよ!」と届けられるのは“嫌い”だ。長髪を振り乱し、楽曲に没入しながらギターを弾き倒す鈴木重伸(G)の姿は鬼気迫るものがある。さらに“WARWARWAR”ではサイケな映像と共にオーラルらしいストレンジなグルーヴが描き出されるのだけれど、前線へと躍り出る山中は、誰ひとりとして置き去りにしない、とでも言いたげな振る舞いを見せていた。「それにしても、やっぱシゲでかいな」と始まるメンバーのMCタイムは、肩の力が抜けたボケとツッコミの応酬。山中が「衣装変えたんや! 気づくやろ! ほんま“気づけよBaby”やぞお前ら」と楽曲に繋ぐオチまで、初の武道館公演さえもネタにしてしまう不敵さが窺えた。
THE ORAL CIGARETTES/日本武道館 - photo by 鈴木公平photo by 鈴木公平
THE ORAL CIGARETTES/日本武道館 - photo by 鈴木公平photo by 鈴木公平
ただ、彼らは武道館公演を侮っていたわけではなく、むしろ通過点だと言い聞かせることで、自分たちを追い込んでいたのだと思う。それぐらい、一貫した熱量と集中力を感じさせるパフォーマンスになっている。山中が汗を滴らせながらオーディエンスの歌声に笑顔で応え、そして鈴木が場内にじっくりとギターの音を沁み渡らせるようにして始まる美曲“不透明な雪化粧”も、武道館という大きな会場で人々と向き合う覚悟と自信に満ちていた。
THE ORAL CIGARETTES/日本武道館 - photo by 鈴木公平photo by 鈴木公平
“エンドロール”の後には、鼓動する心臓のアニメーションがスクリーンに映し出され、緊迫感が立ち込めた次の瞬間、「キラーチューン祭り」のド派手な書体が浮かび上がってオーディエンスを狂喜させてしまう。山中は、それぞれの楽曲を発表してきた時期の自分たちの置かれた状況を振り返りながら、思いを込めて歌ってゆく。バンドの目玉ロゴと武道館のオクタゴンロゴが踊りまくる映像の“狂乱 Hey Kids!!”、そして勢いがついたまま無数の掌が場内に揺れる“DIP-BAP”へと持ち込み、“リコリス”ではスリリングなコンビネーションにあきらのファルセットコーラスも映えるのだった。
THE ORAL CIGARETTES/日本武道館 - photo by 鈴木公平photo by 鈴木公平
THE ORAL CIGARETTES/日本武道館 - photo by Viola Kam (V'z Twinkle Photography)photo by Viola Kam (V'z Twinkle Photography)
「ずっと自分の、低くて歌えない声がコンプレックスでした。でも、メンバーが、スタッフが、お前の声で天下取れるよって言ってくれて、ここまで来れました。あの人の声キライ、気持ち悪いって言われたって知るか! 俺にはこの声しかないんです! 武道館に思い入れなんかなかった。俺ら関西やからって。でも、みんながいてくれて、埋まっている武道館に思い入れがあるんです。大切なものになりました。好きでいてくれてありがとう」。山中はそう告げて、本編ラストの“LOVE”へと向かう。満場のシンガロングと降り注ぐ銀テープに包まれながら、ステージ上には「武道館で最高のパフォーマンスをしなければならなかった理由」が透かし見えた気がした。
THE ORAL CIGARETTES/日本武道館 - photo by 鈴木公平photo by 鈴木公平
さて、アンコールでは、「まさやんショッピング」こと中西のグッズ紹介を経て、新曲“トナリアウ”をライブ初披露。山中はステージの端まで歩き、オーディエンスの表情を逐一確認するようにしながら歌っていた。そして彼は「強くなりたいなら、強い人間、かっこいい人間と一緒にいてください。それがいないと言うなら、俺たちがそういう友達になってやる。オーラルのフロアは、かっこいいヤツで埋め尽くしたい。ついて来れないヤツはついて来なくていい。覚悟の歌です」と告げ、“ONE’S AGAIN”を放つのだった。すでに報じられている、2018年2月の大阪城ホール公演、そして映画『亜人』の主題歌担当というビッグニュースも、オーディエンスを盛大に沸かせていた。それがどんな位置付けであれ、武道館のロック史に恥じない名ライブだったということは、揺るぎない事実だろう。(小池宏和)
THE ORAL CIGARETTES/日本武道館 - photo by Viola Kam (V'z Twinkle Photography)photo by Viola Kam (V'z Twinkle Photography)
THE ORAL CIGARETTES/日本武道館 - photo by Viola Kam (V'z Twinkle Photography)photo by Viola Kam (V'z Twinkle Photography)

終演後ブログ

最新ブログ

フォローする