SIX LOUNGE/新木場STUDIO COAST

SIX LOUNGE/新木場STUDIO COAST - All photo by 夏目圭一郎All photo by 夏目圭一郎

●セットリスト
01.くだらない
02.Lonely Lovely Man
03.僕を撃て
04.ZERO
05.DO DO IN THE BOOM BOOM
06.プラマイゼロ
07.LULU
08.星とメロディ(新曲)
09.青に捧ぐ
10.10号線
11.MIDNIGHT RADIO
12.SHEENA
13.トラッシュ
14.憂鬱なブルー
15.天使のスーツケース
16.ラストシーン
17.ふたりでこのまま

(アンコール)
EN01.SWEET LITTLE SISTER
EN02.俺のロックンロール
EN03.ピアシング

(ダブルアンコール)
WEN01.メリールー


ロックンロール新時代の幕開け、その号砲を高らかに撃ち鳴らすような、爽快な高揚感がスパークする一夜だった。6月に6本のライブが敢行された「SIX LOUNGE TOUR 2019 “in LOVE”」。ワンマンでは初、過去最大規模となる新木場スタジオコーストは、観る限りほぼ満場。新たな潮流の力強いウネりが、確かにそこにあった。

SIX LOUNGE/新木場STUDIO COAST

いつものSE、B.J.トーマスの“雨にぬれても”が流れると3人がオンステージ。オープニングナンバーは“くだらない”だ。ミニアルバム『夢うつつ』のレコ発ツアーで頻繁に曲順を入れ替えていたが、今回1曲目に持ってきたのは正解だった。壮大なスケール感が気分を盛り上げてくれるし、何より彼らの革新性とオリジナリティを象徴する楽曲だからだ。『ROCKIN'ON JAPAN』だけでも3回インタビューし、その度に書いてきたが、SIX LOUNGEの音楽にはいろんなルーツが透けて見える。しかし、焼き直しではない。最大のポイントはやはりヤマグチユウモリ(G・Vo)のメロディだ。非和声音をうまく加え、それが解決する瞬間の気持ちよさを爆裂させる。そのやり方が超独特。ブルース由来の憂いでも、ジャズ風味の彩りでも、歌謡曲ライクな哀愁でもなく、日本的なワビサビというか。メロディックロックンロールとでも呼びたくなるような旋律。だから、歌いたくなる。そのパワーこそが時代を変える火種なのだと、この日何度も繰り広げられたシンガロングを浴びて、ゾクゾクと実感させられた。

イワオリク(B)が全ダウンで弾き切る“Lonely Lovely Man”、ナガマツシンタロウ(Dr)が口ずさみながらぶっ叩く“僕を撃て”を経て、“ZERO”以降のダークブロックへ。マイナーコードの重みがカオスな狂騒を呼び、どわあーっと地響きのような歓声が轟く。もう、闇夜を無理やり這いずり回るような感じ。「ぶっ倒していくぞ、お前らも俺たちをぶっ倒しに来いよ!」(ユウモリ)と煽ってからの“LULU”は、ユウモリ自身も仰向けになってギターをかき鳴らす熱演ぶりだった。

SIX LOUNGE/新木場STUDIO COAST

相変わらずたどたどしい(?)MCで、9月に新シングルを出すと発表。そのなかから“星とメロディ”がお披露目された。前述のユウモリらしさと無骨なロックンロールビートがこれまで以上にわかりやすく昇華されたいい曲。“青に捧ぐ”を挟み、ここで初の試みが。リクがマイクに向かい、ピンスポットに照らされ、ドラムロールのあとに何を言うのかと思ったら、「新木場コーストと、金ピカゴールドで、爆発するぜー、拳ー!!」と。そして掲げられる無数の拳。なんだこれ(笑)。しかしユウモリは「人生のなかでいちばん拳あがってた」と満足気だった。

10曲目の“10号線”から、「頭で考えるな、直感でやりたいようにやれ! 歌いたいように歌おうぜ!」(ユウモリ)と、めちゃくちゃアツい3連打。“MIDNIGHT RADIO”、“SHEENA”、“トラッシュ”だ。SIX LOUNGEが最高なのは、ロックンロールバンドだってこと。いやこれだけ書くと当たり前なのだが、この音楽の根っこ――つまりビートやリフを繰り返し、うなぎ上りの熱量を叩きつける「&ロール」の果てに、わけわからんエクスタシーへ連れてくってことを、天然で体現できてしまうヤツらはそういない。正真正銘ロックンロール。SIX LOUNGE最高!

続く“憂鬱なブルー”のあと、ユウモリが語る。「こんだけの人の前でやるってのは想像してなかったっす。ってことは、まだ想像してないとこに行くんだろうなって気持ちでございます。知らんけど。どっちでもいいけど(笑)」、「ここが終わりじゃないし、始まりでもない。まだまだ続くと思ってます」。そこから“天使のスーツケース”、“ラストシーン”へ。作詞家としてのシンタロウは、愛されたいという気持ちを根底に抱えている。孤独に震え、イラつき、やり場のない感情を吐き出す。かつてはそんな詞が多かったように思うが、いつでも生まれ変わっていけばいいと呼びかけるこの2曲や、前半に歌われた“DO DO IN THE BOOM BOOM”の《風が吹いたら それが合図さ/生きてみたいと 最近思う》からは、「言葉を届ける側の人間なんだ」という自覚が芽生えてきたように感じ取れる。そういうシンタロウの軌跡がこの夜に刻まれていたということは、ここでしっかりと触れておきたい。

SIX LOUNGE/新木場STUDIO COAST

ラストは“ふたりでこのまま”をもって本編終了。アンコールはなんと2回、計4曲がプレイされた。特に、“俺のロックンロール”のシンタロウパートで大合唱が巻き起こったのは、あの歌詞がこんな大勢に歌われるなんてとめちゃめちゃグッときたし、“ピアシング”でフロアへ身を乗り出すユウモリには心底痺れた。何も変わらない部分と、積み重ねてきたもの。そのすべてが凝縮された素晴らしいライブだった。転がる石には何とやらと言うが、これからもSIX LOUNGEはSIX LOUNGEなのだろう。そして、それがロックンロールの未来となっていくのだ。(秋摩竜太郎)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする