MY FIRST STORY/さいたまスーパーアリーナ

MY FIRST STORY/さいたまスーパーアリーナ - All photo by Takashi KonumaAll photo by Takashi Konuma

●セットリスト
1.不可逆リプレイス
2.Black Rail
3.ブラック・スワン
4.monologue
5.虚言NEUROSE
6.KING & ASHLEY
7.mine
8.君のいない夜を越えて
9.失踪FLAME(Acoustic)
10.終焉レクイエム(Acoustic)
11.Love Letter(Acoustic)
12.無告
13.Missing You
14.Weight of my pride
15.MONSTER
16.絶対絶命
17.ACCIDENT
18.モノクロエフェクター
19.REVIVER
20.With You

(アンコール)
EN1.かくれんぼ
EN2.「花」-0714-
EN3.不可逆リプレイス


MY FIRST STORY/さいたまスーパーアリーナ
余裕すら感じさせるバンドの大いなる地力、リスナーを愛するマインド、そして遊び心に溢れた素晴らしいライブだった。「MY FIRST STORY TOUR 2019」のファイナル公演を迎えたこの日。会場のさいたまスーパーアリーナに満場のオーディエンスが詰めかけた。SEが鳴り、左右に配されたスクリーンと、ステージ正面を覆い尽くす幕に映像が映し出された瞬間、それだけで場内がドッと湧く。ムービーに合わせて演奏が始まり、“不可逆リプレイス”の一節が歌われるが、その姿はまだ見えない。しかし「最高の1日の幕開けだ!」とHiro(Vo)が叫ぶと同時に幕が落ち、アクトの火蓋が切って落とされた!

MY FIRST STORY/さいたまスーパーアリーナ
MY FIRST STORY/さいたまスーパーアリーナ

指板から火を噴くTeru(G)、頭を振りまくりながら無骨なグルーヴを牽引するNob(B)、表情豊かなドラミングのKid'z(Dr)。さらに熱の入ったHiroのボーカルと、初っ端からトップギア。“Black Rail”の間奏でNobがピックを投げ捨てながら花道を歩き、センターステージにてスラップをブチかますなど、この大舞台を存分に活用している。“ブラック・スワン”を経て、「たった2時間、でもお前らの人生を変えるには十分すぎる時間だ!」と“monologue”から“虚言NEUROSE”へ。血湧き肉躍らせるアツさと、ハッと心奪われる色気。Hiroの歌、いよいよヤバい次元へ来ているなと確信した。“KING & ASHLEY”でアリーナ全体を揺らし、“mine”に入るとリズムとハーモニーの気持ちよさで魅了。加えてそのブレイク時、壮大なシンガロングをしてみせたオーディエンスに、Hiroから「……愛してるよ」のひと言が。“君のいない夜を越えて”で前半を終える。

MY FIRST STORY/さいたまスーパーアリーナ
MY FIRST STORY/さいたまスーパーアリーナ

「いやあ、すごいね、すごい人ですね」とHiro。「でかっ!」と驚くKid’zも交え、観客をイジったりしながら、アットホームなMCが展開される。その後メンバーはセンターステージへ渡ると、アコースティックパートへ突入した。それもKid’zがカホンやシェイカー、TeruとNobがアコギを奏でる正真正銘のアコースティック。“失踪FLAME”、“終焉レクイエム”をしっとりと、かつエモさたっぷりに届ける。曲の合間に楽屋テンションのトークが繰り広げられ、Hiroも「いいですね、楽に喋れる感じ」とまったりした様子。埼玉出身のNobも「おかえり!」という歓声に「ただいま」と返し、Teruは舞台上に持ち込んだフルーツでモノボケしていた。そしてスマホのライトが輝くなか披露された“Love Letter”にてひと区切り。再びメインステージへ戻ってゆく。

MY FIRST STORY/さいたまスーパーアリーナ
MY FIRST STORY/さいたまスーパーアリーナ
MY FIRST STORY/さいたまスーパーアリーナ

“無告”の同期サウンドが響くと、NobとKid’zがゴリゴリの16ビートを合わせ、Teruがリフを乗せる。そこからメロディアスなオブリとフィルを連発するセッションコーナーへ。それを経て、再びSEと映像が流れ出す。開演時のような演出だ。「始めようもう一度、始めよう何度でも」(Hiro)と、熱量全開のライブをリスタート! “無告”、“Missing You”と連続ドロップ。さらに「今でも忘れもしない、俺の人生が変わったのは2011年5月5日のSHIBUYA-AXだった。あの日からこのバンドは、俺の物語は始まったんだよ。8年かかって、やっとさいたまスーパーアリーナまで来ることができたよ、K!」と、Pay money To my Painの“Weight of my pride”を披露。間髪入れず、“MONSTER”、“絶対絶命”、“ACCIDENT”で盛り上がりを最高潮へ持っていく。

ラストスパートも壮絶だった。まずは“モノクロエフェクター”でグルーヴィなダンス空間を創出。「明日も俺が歌ってるだけで、何か変えられる世界があるかもしれないから、俺は本気でそう信じてるから、ロックバンドやってんだよ!」(Hiro)と“REVIVER”を放つ。ラストは“With You”。《I will be with you forever in your heart》と叫びながらHiroは、「人が一生のうちに出会える人数はほんのひと握りだと思う。そのなかにお前らがいた。俺は奇跡や運命なんかじゃないと思う。俺の生きる理由はただひとつ、お前らと一緒に生きていくことだけだ。愛してるよ!」と言った。

MY FIRST STORY/さいたまスーパーアリーナ
MY FIRST STORY/さいたまスーパーアリーナ

アンコールは、路上アーティストの「優里」と共に、彼のナンバー“かくれんぼ”、そして彼が路上で演っていた“「花」-0714-”を演奏するというサプライズからスタート。フロアから「がんばれ!」の声も届くなか、必死に歌う彼へ向けるHiroの眼差しは、とてもあたたかいものだった。Hiroのこの「才能あふれるアーティストに光を当てたい」という気持ちは、かつてP.T.P.のKに打ち上げに呼ばれて、そこでプロデューサーのNoriと出会いバンドをやることになったという経験がルーツになっているという。このKから貰ったものを受け継いでいく思いがこのコラボレーションにも繋がったのだと思う。

再度4人だけになった彼らは、この日の締めくくりとして、1曲目にプレイした“不可逆リプレイス”をもう一度演奏! 「俺には叶えたい夢が、叶えなきゃいけない夢がある。どれだけかかってもお前らとの約束は守る。だから一緒に東京ドームへ行こうぜ!」とHiroは叫び、MY FIRST STORYの2019年を締めくくった。すでに「STORYTELLER TOUR 2020」の開催も発表されている。夢の果てまで、見届けたいものである。(秋摩竜太郎)

MY FIRST STORY/さいたまスーパーアリーナ
MY FIRST STORY/さいたまスーパーアリーナ
MY FIRST STORY/さいたまスーパーアリーナ
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする