コナー・オバーストに強姦されたと訴えていたネット書き込み女性、狂言だったと認める

コナー・オバーストに強姦されたと訴えていたネット書き込み女性、狂言だったと認める

現在、ヨーロッパ・ツアー中のコナー・オバーストだが、コナーから性的暴行を受けたとネットで主張していた女性がその発言を公式に撤回したことが明らかになっている。

女性は実体験報告サイトの「XOジェーン」のとあるDVロック・スターとの交際経験を綴った記事のコメント欄に自分の体験としてコナーから被害を受けたことを書き込んでいて、「わたし自身もとある『ロック・スター』に強姦されたことがあります。わたしは16歳で、彼は20代でした。誰にも信じてもらえなかったけど(当時彼は全然有名ではなかったから)」と訴えていた。その後、女性はこの「ロック・スター」がブライト・アイズのコナーだったと明かし、それに対してコナー側はこの女性を名誉毀損で訴えることで応じていた。

この女性、ジョーニー・フェアクロスはその後、この訴えがすべて自分の作り話であったことを「100パーセント虚偽」だとして認めていて、人の関心を得ようとしてこうした言動を行ったとブログ・サイトのジェゼベルが伝えている。フェアクロスはコナーの弁護士にも連絡を取り、次のような声明を発表している。

「わたしが過去半年間ネットなどで行った、コナー・オバーストによって強姦されたという発言は100パーセント虚偽のものです。息子の病気と向き合わなければならなくなったという難局を迎えて、わたしは人の関心を惹きたくなって、こうした嘘をでっちあげてしまいました。コナー・オバーストについて公に行った記述はすべて撤回し、コナーとコナーのご家族とご友人に対して、こんなひどいことを書いてしまったことを心からお詫びしたいと思います。わたしの行動は間違っていたこと、そして、実際に性的暴力の被害に遭った人たちの発言を損なう可能性もあることを深く反省し、そのことについてもお詫びいたします。わたしのせいで引き起こしたご心痛に対して本当に申し訳なく思っています」

コナーのマネージャーはフェアクロスの書き込みについて今年に入った時点で「完全に、疑う余地なく、虚偽なもの」だと訴えていてその後賠償金100万ドル(約1億160万円)を求める訴訟を起こしていた。

(c) NME.COM / IPC Media 2014

公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする