ブライアン・イーノがキュレーションを手がけたフェラ・クティのLPボックス発売へ

ブライアン・イーノがキュレーションを手がけたフェラ・クティのLPボックス発売へ

ブライアン・イーノが、この秋リリースされるフェラ・クティのLPボックス・セットのキュレーションを手がけたことが明らかになっている。

このボックス・セットはニッティング・ファクトリー・レコードからシリーズとしてリリースされているもので、ブライアンは2011年のクエストラヴ、2012年のジンジャー・ベイカーに続く3人目のキュレーターとなる。

収録されるのは1971年発表の『ロンドン・シーン』、72年の『シャカラ』、73年の『ジェントルマン』、『アフロディスィアック』、76年の『ゾンビ』、『アップサイド・ダウン』、80年の『I.T.T.』の7作品で、さらにブライアンによる序文と歌詞や解説を掲載した12ページのブックレット、ポスターが収められるという。

ボックス・セット『Fela Vinyl Box Set #3 Compiled by Brian Eno』は9月29日に2000枚限定で発売予定となっている。

公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする