史上最もキャッチーな楽曲とは? 最新研究でのトップ20

史上最もキャッチーな楽曲とは? 最新研究でのトップ20

最新の研究によってスパイス・ガールズの1996年のヒット曲"ワナビー"が史上最もキャッチーな楽曲であることが結論付けられたとか。

研究はオランダのアムステルダム大学とマンチェスターの科学産業博物館との合同研究によるもので、この研究では曲によってキャッチーであったり、そうでなかったりするのはどうしてなのかを分析していったという。アムステルダム大学のアシュリー・バーゴイン研究員は次のようにBBCに説明している。

「ある曲をほんの数回しか聴いたことがなくても10年後にすぐに以前聴いたことがあるとわかることがあるんです。けれども、そうでない楽曲ではたくさん聴いたことがあったとしても、そういう効果が現れなかったりするんですね」

では、キャッチーであるか、そうでないかの違いはどのように生まれるのかは、その曲を憶えて認識することだけでは生まれないとバーゴインは説明していて、むしろ、いったん聴き終わってからもどれだけ音が頭に残るかどうかに左右されるのだという。このキャッチーさの計測手段として研究チームではオンライン・ゲームを開発したというが、このゲームではさまざまな時代の楽曲を用意し、ユーザーに再生させて、知っている曲だと認識できた時点で「知っている」というボタンをクリックしてもらうことにしたという(知らなかった場合には「知らない」をクリックする)。

こうして再生を始めてから「知っている」ボタンがクリックされるまでの時間と回数を計測し、統計を取ることで「知っている」をクリックするまでの平均時間が最も短い曲が最もキャッチーな曲になるというのだが、過去70年から選び出した40曲のうち、クリックまで2.29秒と最も短かったのがスパイス・ガールズの"ワナビー"だったという。なお、計測データについては1万2千人を対象にしたという。

ちなみに、20位までのランキングは以下の通りになったという。

1 Spice Girls, "Wannabe"
2 Lou Bega, "Mambo No. 5"
3 Survivor, "Eye Of The Tiger"
4 Lady Gaga, "Just Dance"
5 ABBA, "SOS"
6 Roy Orbison, "Pretty Woman"
7 Michael Jackson, "Beat It"
8 Whitney Houston, "I Will Always Love You"
9 The Human League, "Don't You Want Me"
10 Aerosmith, "I Don't Want To Miss A Thing"
11 Lady Gaga, "Poker Face"
12 Hanson, "Mmmmbop
13 Elvis Presley, "It's Now Or Never
14 Bachman-Turner Overdrive, "You Ain't Seen Nothin' Yet"
15 Michael Jackson, "Billie Jean"
16 Culture Club, "Karma Chameleon
17 Britney Spears, "Baby One More Time"
18 Elvis Presley, "Devil in Disguise
19 Boney M., "Rivers of Babylon"
20 Elton John, "Candle in the Wind"

研究チームが開発したゲームはこちらから。
http://www.hookedonmusic.org.uk/

公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする