他界したB・B・キングをエリック・クラプトン、ミック・ジャガー、オバマ大統領ら追悼

他界したB・B・キングをエリック・クラプトン、ミック・ジャガー、オバマ大統領ら追悼 - エリック・クラプトン『ライディング・ウィズ・ザ・キング』エリック・クラプトン『ライディング・ウィズ・ザ・キング』

5月14日に他界したB・B・キングを偲んでさまざまなアーティストが追悼コメントを発表している。

ロック・ミュージシャンの中でもとりわけブルース・ミュージシャンとの親交が深いことで知られているエリック・クラプトンは自身のフェイスブックに上げた動画で次のようにB・Bの死を悼んでいる。

「こんにちはエリック・クラプトンです。今は悲しみを表明すると同時に友達のB・B・キングにありがとうと言いたいです。長い年月にわたってぼくにプレイヤーとしてインスピレーションと励ましをもたらしてくれたことや楽しく分かち合った友情について感謝していますし、それ以外に特にもう言うべきこともないと思います。というのも、この音楽(ブルース)はもうほとんど過去のものとなりつつあって、それはB・Bのような純粋な形で弾ける人たちがもうわずかしか残されていないからです。B・Bはこういう音楽をこよなく愛するぼくたちのような人間の間ではとても大きな存在だったし、B・Bに対しては心の底から感謝しています。もしあなたがあんまりB・Bについて知らないというのなら、ぼくとしてはまずは『ライヴ・アット・ザ・リーガル』というアルバムを探してきて聴くことをお勧めします。ぼくがまだ若くてギターを弾き始めた頃、すべての始まりとなったのがこのアルバムでした。この一時を一緒に分かち合ってくれたみなさんに感謝します。ありがとう。さようなら」

そのほかのアーティストのツイートなどでの追悼コメントは以下の通り。

ミック・ジャガー「B・B・キングの訃報を聞いて本当に悲しいです。ぼくたち全員が本当に尊敬していた人でした……」

グラディス・ナイト「あなたは本当になんて素晴らしい人だったのでしょう。世界的に何百万人もの人たちにとってインスピレーションとなったと永遠に記憶されるような人です」

ジョー・ペリー「今朝目が覚めてあの偉大なB・B・キングが亡くなったことを知って本当に悲しい」

スラッシュ「B・B・キングの訃報に打ちのめされています。俺が一番好きなブルース・ギタリストでした。それと本当に素晴らしい人柄でした。R.I.P.(ご冥福を)B・B」

レニー・クラヴィッツ「B・B、音符を千個弾いても誰にもあなたが1個で言えたことまで言えなかったものだよ」

リッチー・サンボラ「俺の友達で伝説のB・B・キングが亡くなった……本当に悲しい……俺にはあまりにも偉大な存在だったから……俺たちはキングを失ったね……愛とお祈りをご家族に捧げます」

リンゴ・スター「B・B・キングに神様の祝福がありますように。B・Bのご家族にはピース・アンド・ラヴをお送りします」

ピーター・フランプトン「今日の日はB・B・キングのご家族とB・Bを愛したすべての人に心を捧げます。素晴らしい友達でとんでもないギタリストだったこの人は静かにぼくたちのもとを去りました。B・B、ぼくたちはこの先のあなたの不在を惜しむことでしょう」

チャック・D「B・Bキングさん、安らかにお眠りください。B・Bを祀り上げている通り(メンフィスのビール・ストリート。この通りにB・B・キングズ・ブルース・クラブがある)と同じ通りにあるフェデックス・フォーラム(NBAのメンフィス・グリズリーズのフランチャイズ施設)でなんか記念イヴェントをやるべきだよな」

ザ・ストライプス「R.I.P. B・B・キング
https://www.facebook.com/TheStrypes/photos/a.686820004674220.1073741825.209082819114610/1622024704487074/?type=1

バラク・オバマ「ブルースはその帝王を失い、アメリカはある伝説を失いました。B・B・キングはミシシッピーの小作人の息子として生まれ、テネシー州メンフィスで成人すると、その全アメリカ的な音楽を国民と世界へと伝えていく大使となりました。B・Bほど懸命に仕事に打ち込んだ人はほかにはいません。その後のアーティストをB・Bほど触発し刺激したアーティストはほかにはいません。ブルースの福音を広めるのにここまで力を尽くした人はほかにいません。3年前、妻のミシェルとぼくはホワイトハウスでブルース・コンサートを開催しました。その時はまさかその晩に"スウィート・ホーム・シカゴ"の下りの一部をB・Bと一緒に歌わされることになるとは思ってもいませんでしたが、でも、B・Bの音楽というのはそういうことを実現させてしまうものがあって、それは今でも変わらないと思います。B・Bの音楽は聴いたら最後頭から離れないし、なんだか身体が動いてきちゃうし、本当ならやっちゃいけないようなことをいろいろけしかけられるところがあるのですが、でも、それはやっちゃってよかったなっていつまでも思えるようなことなのです。B・Bはもういなくなってしまったかもしれませんが、でも、あのスリルはぼくたちといつまでも一緒にあるはずです。それに今日の夜は天国で殺人的なブルース・セッションが行われることになるんですよ」

エリックの追悼コメント動画はこちらから。
https://www.facebook.com/ericclapton/videos/10152765075432175/?permPage=1
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする