7月10日から世界45か国で新譜リリースは毎週金曜日に

7月10日から世界45か国で新譜リリースは毎週金曜日に

かねてから伝えられている世界的に新譜のリリース日を統一する問題について、アメリカやヨーロッパでは7月10日から金曜日に統一されることが明らかになった。

今回の決定は国際レコード産業協会連盟(IFPI)が6月10日に明らかにしたもので、各国のレーベル、販売業者、アーティスト、音楽業界関連組合、チャート調査制作会社などとの調整を進めてきたという。

今回の統一については45か国が応じることになっていて、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、オーストラリアなどが金曜日リリースへと体制を改めるが、アジアでは今回のリリース日変更を見送る国が多く、日本では邦楽アーティストについては従来通り、水曜日のままになるという。

なお、これまでイギリスとフランスではリリース日は月曜日、アメリカとカナダでは火曜日、オーストラリア、アイルランド、ドイツでは金曜日などとまちまちになっていたが、今回の措置でCD、アナログ、ダウンロードとすべて各国の現地時間の金曜日の0時1分より解禁となり、リリースをイヴェント化することにより需要を高め、同時に違法行為防止に役立てたいとIFPIは図っている。IFPI代表のフランシス・ムーアは次のように今回の抱負をビルボード誌に語っている。

「今回の措置は主に消費者のみなさんのためのものなのです。各国で行われたさまざまな調査を通して、消費者からは新譜を購入したいのは金曜日か土曜日だという声が多かったことがわかりまして、今回のキャンペーンにつながったわけです。こうして金曜日と土曜日にレコード店を訪れるお客様が増えることで、購買意欲もまた大きくなるとレコード店側では見ていて、ソーシャル・メディアでのユーザーの活動も週末にピークを迎えることとあいまって、レコードの売上の増加に繋がるのではないかとわたしたちとしては期待しています」

なお、今回の措置を7月に行うことにしたのは、特に欧米では繁忙期を迎える第4四半期の前に、システムの不具合の調整などを夏のうちに済ませておきたいという配慮があったからだとムーアは説明している。また、今回の措置に合わせて「ニュー・ミュージック・フライデーズ」というキャンペーンを進めていくこともIFPIは明らかにしている。
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする