MAN WITH A MISSION、最新作『The World’s On Fire』世界最速インタヴュー&アンケート奪取!

  • MAN WITH A MISSION、最新作『The World’s On Fire』世界最速インタヴュー&アンケート奪取!
  • MAN WITH A MISSION、最新作『The World’s On Fire』世界最速インタヴュー&アンケート奪取!
  • MAN WITH A MISSION、最新作『The World’s On Fire』世界最速インタヴュー&アンケート奪取!
  • MAN WITH A MISSION、最新作『The World’s On Fire』世界最速インタヴュー&アンケート奪取!

2016年2月10日にニューアルバム『The World’s On Fire』をリリースするMAN WITH A MISSIONが、『ROCKIN’ON JAPAN』2016年2月号にて、前作『Tales of Purefly』以来約2年ぶりとなる表紙巻頭を飾っている。

2度のヨーロッパツアー、ゼブラヘッドやライズ・アゲインストとの対バンといったワールドワイドな動きから、国内ではJR東日本のプロモーション「JR SKISKI」のタイアップ曲として“Memories”が起用されるなど、活躍の場とスケールを広げた2015年。この激動の1年をジャン・ケン・ジョニー(G・Vo)が振り返り、フィジカルであることの重要性やバンドの心境、メンバーの成長を語っている。

「勝手ニ構築シテシマッタ自分タチノ方程式ガドコカシラアッタト思ウンデスヨ。モトモト持ッテタノニ全然開ケヨウトシナカッタ引キ出シガ表面化シタノカナト思イマス」

「生キテイルウチッテズット、正解ガナイノニ正解ガアルッテ信ジテル、バカバカシイ答エ合ワセノ連続ダト思ウンデス。デモ、生キテイク上デノ信条ヤ美シサハソコニ全部集約サレテイルヨウナ気ガシマス」

また、インタヴューでは完成直前の最新作『The World’s On Fire』についても言及している。コンセプトアルバムとして制作された『Tales of Purefly』とは対称的に、楽曲ごとにプロデューサーも異なるため「共通点が見出されないまま作っていた」という同作。しかし、だからこそ純化していったロックバンド・MAN WITH A MISSIONの根底にある真理、そして信念が色濃く出たという。

「今回ノ作品ヲ改メテ聴クト、ボクサーデイエバ殴ッテイルグローブノホウヲフォーカスシテイルトイイマスカ。自分ガ持ッテイルパンチハコウイウモノナンダッテイウノヲ見セテイル」

インタヴューのみならず、トーキョー・タナカ(Vo)、スペア・リブ(Dr)、DJサンタモニカ(DJ)、カミカゼ・ボーイ(B・Cho)へのメールアンケートも実施。最新作の「最強ポイント」、「あらためて気付いたMAN WITH A MISSIONのスゴさ」、そして「2016年成し遂げるべき野望」など、4匹それぞれの視点から見たユニークな解答が掲載されており、濃厚な巻頭特集となっている。

ROCKIN'ON JAPAN 2016年2月号 詳細はこちら。
http://ro69.jp/product/magazine/detail/136203

最新ブログ

フォローする