2016年、グーグルで最も検索されたアーティストと楽曲が明らかに

2016年、グーグルで最も検索されたアーティストと楽曲が明らかに

2016年にグーグルで最も多く検索されたアーティストがビヨンセであることが明らかになった。また、最も多く検索された楽曲もビヨンセの“Formation”だった。

“Formation”のミュージック・ビデオはこちらから。

グーグルが公表したリストによると、検索数でビヨンセ以下上位5アーティストはセリーヌ・ディオン、ケシャ、ケローニ、コールドプレイとなった。

“Formation”に次ぐ楽曲の検索数上位5曲はプリンスの“Purple Rain”、レイ・シュリマーの“Black Beatles”、デザイナーの“Panda”、ドレイクの“One Dance”だった。

アーティスト、楽曲のトップ10リストは以下のとおり。

Most Googled artists of 2016:
1. Beyoncé
2. Céline Dion
3. Kesha
4. Kehlani
5. Coldplay
6. Teyana Taylor
7. Grace VanderWaal
8. Kanye West
9. Jacob Sartorius
10. Guns N’ Roses

Most Googled songs of 2016:
1. Beyoncé – “Formation”
2. Prince – “Purple Rain”
3. Rae Sremmurd – “Black Beatles”  
4. Desiigner – “Panda”
5. Drake – “One Dance” 
6. DNCE – “Cake by the Ocean”  
7. Adele – “Hello” 
8. Ruth B — “Lost Boy”  
9. Disturbed – “Sound of Silence” 
10. Mike Posner – “I Took a Pill in Ibiza” 
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする