Taka、椎木知仁、蔦谷好位置ら、スペシャ「NEW FORCE」選出アーティストへコメント

Taka、椎木知仁、蔦谷好位置ら、スペシャ「NEW FORCE」選出アーティストへコメント

スペースシャワーTVが近い将来にブレイクが期待されるニューカマーをピックアップする新企画「SPACE SHOWER NEW FORCE」の、選出アーティストへのコメントが公開された。

今回コメントを寄せたのは、Taka(ONE OK ROCK)、松重豊、椎木知仁(My Hair is Bad)、蔦谷好位置、いしわたり淳治、やついいちろう(エレキコミック)ら先輩アーティスト・音楽関係者となる。

コメントは以下のとおり。

----------------------------------------------
【いしわたり淳治(作詞家・音楽プロデューサー・作家) →YAJICO GIRL】
十代のロック・キッズだけが持ち得る世の中に対する鋭角な斜めの視線。その角度が何度であれば人の心にもっとも刺さるのか、そこに方程式や明確な答えはないと思います。毎年いや、もしかしたら毎分毎秒、その角度は変わり続けているのかもしれません。昨年の未確認フェスティバルのファイナルのステージ。あの瞬間、YAJICO GIRLはもっとも鋭角な角度でロック・ミュージックを鳴らしていました。とても堂々と。そして、きらきらと。

【岸本優二(心斎橋JANUS 店長) →Saucy Dog】
僕が初めてSaucy Dogのライブを見たのは2015年の2月にJANUSでライブした時なので約2年前。
その当時とはメンバーも変わってますがやっぱり中心にいるのは石原という人間で。
人ってのは自分では真っ直ぐに見えてても人から見たらひねくれてるように見える
それこそが個性になって、音楽になっていくんだなと思ったバンドです!!
是非、どこが個性なのかはCD聞いて、ライブ見て感じてほしいなと!!

【木下理樹(ART-SCHOOL / killing Boy) →For Tracy Hydez】
優れた青春映画を観てるかの様に、淡く、胸を締め付けられる瞬間、刹那を鮮やかに切り取ったアルバム。儚く、キラキラしている。ジャンルレスで、たくさんのリスナーがこの淡さに反応するだろう。

【椎木知仁(My Hair is Bad) →SIX LOUNGE】
こういうバンドに出会って、音楽を辞めてしまうバンドマンもいると思う。
現場育ち、まだハタチ。天然は強い、才能は怖い。

【Taka(ONE OK ROCK) →ReN】
こういうアーティストでてくるの待ってました!

【蔦谷好位置(音楽プロデューサー) →向井太一】
インターネットネイティブ世代は世界標準の音を操るアーティストが日本にも増えてきけど、それを乗りこなせるシンガーがとうとう現われたなと、向井太一を初めて聴いた時に感じました。向井太一には最先端の感覚だけではなく、シンガーに必要不可欠な「色気」があるのが最大の武器だと思う。その色気によって、無機質で浮遊感のあるトラックが極上のエモーションに変化するのが最高に気持ちいい。これからどんどん大きく羽ばたいていってほしいです。

【中嶋イッキュウ(tricot) →ドミコ】
現代のカートコバーン。わたしのジョンレノン。もはやそれ以上の衝撃。

【松重豊(俳優) →iri】
親以上!歳の離れたオッサンに、こんなこと言われても、なんだかなぁのご迷惑かも知れませんが、
iriさん、あなたの創造する音楽から、僕はね、これまであびたことのない新しい風を感じたんですよ。
ご迷惑がてらに、わたくしのラジオにゲストで来て頂いて、予感は確信に変わりました。
こんな可愛らしいお顔をして、情熱と信念と野心、そして純粋で素直な心。
オッサンのハートは激しく揺さぶられました。ガンバレ、ガンバレ、ずっと応援し続けます。
iriさんのステージはまだ始まったばかり。僕らに未だ見ぬ景色を魅せ続けてください。
追伸 女優の仕事が来たときはご一報ください。曖昧な助言は出来るかもしれません。

【丸屋九兵衛(bmr編集長) →Shuns'keG & The Peas】
ルーツに戻らんとしている黒眼豆豆(ササゲマメ)もいいだろう。
でも今年は、こちらの豆に注目すべきではないか like we used to say it.

【やついいちろう(エレキコミック) →The Wisely Brothers】
学校の同級生がバンドを組んでライブをやるという。しかも学校の中じゃなくて外で。初めて行くライブハウスという場所。何となく危険な大人の匂いがする。ちょっと前まで教室で遊んでた友達がステージで演奏している。その時の気持ち。高揚感、初々しさ、何だか先に大人になられた様な焦燥感、なんとも言えない格好良さ。ワイズリーブラザーズを聴いた時に鼻の奥にそんな匂いがしました。メロディーと声の中毒性。風通しが良い演奏。海外のインディーバンドの様な音楽を楽しんでいる雰囲気。バンドの良いところが全部入ってると思う。好きです。
----------------------------------------------

「SPACE SHOWER NEW FORCE」
http://tokyomusicodyssey.jp/newforce/
公式SNSアカウントをフォローする

邦楽 人気記事

最新ブログ

フォローする