星野源が自分史上「最も好きになれない役」とは? ドラマ『プラージュ』第1話を観た

星野源が自分史上「最も好きになれない役」とは? ドラマ『プラージュ』第1話を観た
星野源がWOWOW連続ドラマW初主演を務める『プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウス~』の第1話が先日オンエアされた。

このドラマの中で星野は、覚せい剤に手を出し「前科者」になってしまうという衝撃的な役柄を演じている。2013年の映画『地獄でなぜ悪い』では、ヤクザの映画製作に巻き込まれる「通りすがりの普通の青年」役を演じているが、今作でも限りなく「今時の青年」らしい役柄でありながら、たまたまアウトローな世界に一瞬巻き込まれてしまったことでストーリーが展開していく。

星野源が自分史上「最も好きになれない役」とは? ドラマ『プラージュ』第1話を観た

ドラマ冒頭、星野扮する吉村貴生は旅行代理店で働いている。ドラマが始まった瞬間、すでに客に怒鳴られており、上司には「中身が空っぽ」と見下され、気になっていた同僚の女の子がその上司と不倫をしていることを知ってしまう。ここまででも相当踏んだり蹴ったりなのだが、そのショックを忘れたいがために友人と訪れた夜のカラオケバーで柄の悪いふたり組に捕まり、泥酔状態のまま覚せい剤を打たれたところを警察に踏み込まれ、現行犯逮捕。拘置所で何日か過ごした後、自宅アパートに戻ると会社からクビの通告が届いていた上、アパートが火事になり住むところを失くしてしまう。

星野源が自分史上「最も好きになれない役」とは? ドラマ『プラージュ』第1話を観た

ドラマ開始早々、こんなにもすごいスピードでボコボコにされる星野はいまだかつて見たことがない。しかしどうしても「かわいそう」だと思えない理由が貴生の性格にある。星野いわく、貴生は「最もだらしなくて好きになれない役」ということだが、これが本当にダメダメな人物なのである。

何がダメかというと、会社で客に文句を言われれば露骨に嫌な顔をし、自分が酔いつぶれた責任で事件に巻きこまれても反省しないどころか「ついてない」と嘆くばかり。挙句には「前科者」になっても自信満々で、クビになった前の職場と関わりのある会社の面接を受けに行くなど、そのちょっと抜けている行動に加え、子供のように拗ねた表情やヘラヘラした態度が観ている人全員に「嫌な感じ」を与える。その感じをセリフというよりも、表情やふるまいでごく自然に表現しているのはさすがといったところだ。

その後、無職で住むところを失った貴生は新たに住居を探すのだが、執行猶予中の身ではなかなか見つからず、その結果「訳あり住人」ばかりが集まるシェアハウス「プラージュ」に辿りつく。

星野源が自分史上「最も好きになれない役」とは? ドラマ『プラージュ』第1話を観た

そしてその「プラージュ」の住人もかなりキャラクターが濃いものとなっている。厳しさも備えつつ、包容力のある「プラージュ」オーナー・朝田潤子(石田ゆり子)をはじめ、心と身体に傷を抱えている小池美羽(仲里依紗)、職業不詳の謎に包まれた男・野口彰(眞島秀和)、ムードメーカー的存在な中原通彦(渋川清彦)、関西弁の姉御肌で明るい性格の矢部紫織(中村ゆり)といった個性の強い住人の中、ひときわ目立っているのが俳優初挑戦のスガ シカオ演じる加藤友樹。ある事件で5年服役していた寡黙な男という役どころだが、初とは思えないほどの存在感と、たった一言のセリフなのに「ゾクッ」とさせる説得力、特異なオーラを纏った演技を見せている。これは自身の楽曲にもオリジナルな世界観を持つ、スガ シカオという表現者だからこそ成せる業なのかもしれない。

1話目は貴生が「プラージュ」に入居し、住人の人となりが何となくわかったところで終結したが、2話目以降は住人の過去や、なぜ「プラージュ」に入居することになったかが明らかになっていくことだろう。そしてこれから「プラージュ」で訳あり住人たちと生活を共にしていくことで「ダメダメ」な貴生が、どのように変化していくかも注目だ。(渡邉満理奈)

最新ブログ

フォローする