キイチビール&ザ・ホーリーティッツ、雷音レコードよりアナログ7inchシングル発売

  • キイチビール&ザ・ホーリーティッツ、雷音レコードよりアナログ7inchシングル発売
  • キイチビール&ザ・ホーリーティッツ、雷音レコードよりアナログ7inchシングル発売 - 本秀康による公式バンドロゴ

    本秀康による公式バンドロゴ

  • キイチビール&ザ・ホーリーティッツ、雷音レコードよりアナログ7inchシングル発売
  • キイチビール&ザ・ホーリーティッツ、雷音レコードよりアナログ7inchシングル発売 - 本秀康による公式バンドロゴ
キイチビール&ザ・ホーリーティッツが「レコードの日」である11月3日(金)に、初のアナログ7inchシングル『パウエル』(c/wキイチビールのテーマ)をリリースする。

同作は、漫画家・本秀康主宰の雷音レコードよりリリース。90年代のロックバンドの影響を感じさせながらも、独特のゆるくて鋭いソングライティングセンスに本秀康が惚れ込んだことから、今回のリリースが決定したという。

なお、A面の“パウエル”は10月9日(月)発売の1stミニアルバム『世の中のことわからない』からのシングルカットで、B面の“キイチビールのテーマ”は1,000枚限定で完売となった1stEP『俺もハイライト』の収録曲となっている。

また、本秀康によるジャケットイラストは制作中とのこと。それに先がけ、彼が手掛けた公式バンドロゴが公開された。


【漫画家・本秀康 コメント】
結成のきっかけが僕の『ワイルドマウンテン』だというバンドの噂を耳にしました。
キイチビール&ザ・ホーリーティッツというらしい。
YouTubeにあがっている曲を聴くうち、いつしか「キイチビールのテーマ」を口ずさむようになり、そのタイミングでキイチビール&ザ・ホーリーティッツ側からバンドロゴ制作の依頼がきました。
ロゴを作りながら「パウエル」を聴いてあらためて凄い曲だと感じ、ロゴを渡す際に雷音レコードからのリリースを提案しようと心に決めたのです。
これが「パウエル」7inchリリースまでのあらましです。運命的な出会いだと思っています。

--本秀康(雷音レコード)



最新ブログ

フォローする