神聖かまってちゃん、3人の一般女子高生が出演する新MV“イマドキの子”公開

  • 神聖かまってちゃん、3人の一般女子高生が出演する新MV“イマドキの子”公開
  • 神聖かまってちゃん、3人の一般女子高生が出演する新MV“イマドキの子”公開
  • 神聖かまってちゃん、3人の一般女子高生が出演する新MV“イマドキの子”公開
  • 神聖かまってちゃん、3人の一般女子高生が出演する新MV“イマドキの子”公開
神聖かまってちゃんが、ニューアルバム『幼さを入院させて』より“イマドキの子”のミュージックビデオを公開した。

ミュージックビデオ制作に向けて、TOKYO FM/JFN系38局ラジオ番組『SCHOOL OF LOCK!』とタッグを組み、番組リスナーの女子中高生限定で主演女優を募集。数百名を超える応募の中から神聖かまってちゃんメンバー、監督、制作スタッフによる厳選なる審査を経て、選ばれた3人の女子生徒が主演女優として起用されている。


同ビデオは、RADWIMPS“会心の一撃”、[Alexandros]“GIRL A”などの監督を務めた大久保拓朗氏が手がけた。


【の子 コメント】
青空と曇り空の下ですごく良いものが撮れました!素晴らしい作品に仕上がったと思います。
今回MV出演応募してくれた全ての方々に感謝!

【大久保拓朗 コメント】
「存在もしない」という言葉が、『イマドキの子』の歌詞の中で、僕にとって一番エモーショナルでした。
「誰でもない他人(のっぺらぼうたち)に囲まれて、生きている少女が、実は自分こそ誰でもない、と気づいている(3人1役の主人公)」というのがこのMVのストーリですが、自由に解釈して頂けたら嬉しいなと思っています。
「どうしたらいいのか分からないけど、何だか心がざわざわして、どうにかしたい」みたいな、曖昧だけど芯の強い感情、「青春性」を映像化したいと思ってこのMVを作りました。
晴天の中、街を見守るメンバーと、曇天の下で街をさまよう少女たちのコントラストが美しい作品になったと思います。


最新ブログ

フォローする